« ファンタジーサッカー2013 第4節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2013 第5節 »

April 04, 2013

行尸走肉

FC東京0-0名古屋
電柱1本に、持って走るのが好きな3人が2列目に並んだのでは、ボールが効果的に動かないのは道理だろう。それにしても、平山は何もできなかった。悲しいかな、ほんとにただ突っ立っているだけにしか見えなかった。あわやというシュートは1本もなし。潜在的な能力はイブラヒモヴィッチ並? ポポさんに老眼鏡でもプレゼントするかな。
連戦を意識してか、名古屋は徹底して省エネモード。守備ブロックを綺麗に組んで、ゾーンに入ってくる敵を叩いては追い出しを繰り返す。ボックス内に入れない、ボックス内では打たせない。ラインの高さも絶妙で、容易に裏が狙えない。この守備網を切り崩すにはあまりにアイディアがなさ過ぎた。まずは平山にボールが納まらない。ネマがゲームを作ろうとするが、周りが反応しない。河野やソータンは足元は得意だけどスペースに対する意識が低い。中央に突っかかっていって、DFラインに引っかかって終わりになる(ポポさんは仕掛けることを指示していたらしいが)。この面子では完全に手詰まってしまった。どうしてこの組み合わせになったんだろうか、ポポさんの意図が汲み取れなかった。ポゼッションが高かったのは、名古屋が無理に来なかったから。そこをわきまえないといけない。その上で、ボックス内でシュートが打てなかったのは、完全に押さえ込まれていたのと同義であろう。
ロスタイムのハンドの判定と、東のクロスバーはご愛嬌。せっかくもらったものだから決めたかったけれど、あのゲーム内容であれば、勝ち点3はあまりに強欲というもの。55分の田中輝のヘッドが決まっていたら、それこそ名古屋の注文通りになってたゲームだった。しょっぱい敗戦を免れただけでも良しとすべきだ。
東、チュンソン、アーリアが入って、いきなり攻撃が活性化したのは、名古屋もへばってきて中盤が多少ゆるくなったとはいえ、やはり彼らのオフザボールの動きとポジショニングのよさからくるものだろう。ソータンだけがピッチに残され、左サイドからフリーの彼にロングパスが通ったとき、上がってくるチームメイトを使わず中に切れ込みDFに引っ掛けてボール逸してしまう。シュートまでいけたらそれはそれとして評価も出来るのだが、このシーンが象徴的だった。個性は大事だし、チャレンジすることも大事だ。でも、同じことを繰り返すだけで、何の工夫もないのであれば、そこに成長はない。ナビスコのほうは、そろそろタマと拳人の組み合わせが見てみたいかな。

|

« ファンタジーサッカー2013 第4節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2013 第5節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/57105806

Listed below are links to weblogs that reference 行尸走肉:

« ファンタジーサッカー2013 第4節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2013 第5節 »