« ファンタジーサッカー2013 第8節 | Main | ジャッキー・コーガン »

April 28, 2013

猟犬注意

FC東京2-0川崎

完勝とはこのこと。絶体絶命の決定機をほとんど作らせず(左サイドのミスをつかれた1回ぐらいかな)、攻撃は課題だった良質な縦パスを得点に結びつけたもの。それにしてもヨネが効いていた。不容易な突っ掛けやスライディングで抜かれることもなく、いたるところに現れ敵ボールを絡めとっていく様は、フィールドを駆け巡る猟犬の如し。完勝なので、実際あまり書くこともないのだが、強いて言うなら秀人だろう。どうしちゃったんだろうか。あれなら野澤でもいいんじゃないと思えるほどミスが多く、ポジショニングもあまり改善されていない。拳人がサブに入るときはあるが、リーグ戦で使われることはなく、ボランチの層自体あまり厚くない。いみじくも、ゲームをクロージングさせるときに、ポポさんはチョンスを投入して、変則的な3ボランチになった。守備面はいいとして、攻撃におけるボランチをどう機能させるかは今後の課題だろう。

一方のフロンタは、こちらが心配する話でもないのだが、それにしても憲剛がいないと攻めの形にもならないのはしんどい。フロンタの本質はカウンターなので、昨日のようなゲームはお家芸のはずではあるのだが、トップが矢島と大久保では、なかなかスピードにも乗っていけない。しっかり守って、というところも、前半終了当たりからDFが棒立ちになりがちだったし、風間さんのポストモダンサッカーは魅力的なのかもしれないけれど、今やらなければいけないことなのか、フロンタというチームでなければできないことなのか、そのへん詰めて考える必要がチームフロントにはありそうだ。中断前に決断しないと、来年はもしかしたらクラシコ中断するかもしれない。

|

« ファンタジーサッカー2013 第8節 | Main | ジャッキー・コーガン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/57264676

Listed below are links to weblogs that reference 猟犬注意:

« ファンタジーサッカー2013 第8節 | Main | ジャッキー・コーガン »