« ファンタジーサッカー2013 第4節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第4節レビュー »

April 01, 2013

択言択行

横浜FM3-2FC東京

確かに接戦のいいゲームだったかもしれない。でも、負けた事実は動かせない。アウェーで、一度逆転された状況をイーブンに戻し、残り時間も10分足らず。ここで、引き分けでもOKという判断はなかったのか。同点に追いつく前のチュンソン→ヨネの交代もよくわからなかったが、最後の2枚切りも付け焼刃でしかない。逆転ゴールを未然に防ぐ手があったのではないかというのが仲間内でのゲーム評価だった。

ポポさんは引き分け狙いはしないだろう。それは十分承知している。でも、本気で優勝を狙うチームであれば、昨日のゲームは勝ち点1を確実に持ち帰らねばならなかった。残り10分、イーブンから勝ちに行って逆転負けを喫するのは、チームがまだ優勝を狙えるような能力(監督の采配も含めて)を持っていないことの証明でもある。

ポイントは左サイド。逆転の藤田のヘッドは左サイドを抜かれたところからだった。つまり、コースケの裏だ。コースケは前半からチュンソンの先制ゴールに結びつくクロスを上げるなど、いつになく積極的な上がりを見せていた。ちょっと飛ばしすぎとも思えるような攻撃参加は後半も続く。ただ、ルーコンが彼を使うケースは少なく、多くのオーバーラップは無駄走りに終わる。当然上がったスペースのケアはチーム全体でのカバーリングが約束事だろうけれど、そこが徹底されていたかどうか。

オープンな殴り合いは無策であろう。しっかりリスク管理した上で勝利を目指すのは当たり前の話。2-2の時点で守りに入れと言っているわけではない。攻守のバランスをとりつつ、敵の隙を突くということは変わりない。同点になってからも縦に早くなりすぎていたきらいがある。ポゼッションできたのだから、残り少なくともじっくりいけば良かったのだ。いつもと同じペースで攻めて、結果ドロー。そういう、チームとして大人になることが今後大事になってくるのではないか、そんな課題が浮き彫りになったゲームだったように思う。そういうしぶといサッカーが、たとえば鹿島なんかはDNAに組み込まれていたりするのだ。

|

« ファンタジーサッカー2013 第4節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第4節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/57073954

Listed below are links to weblogs that reference 択言択行:

« ファンタジーサッカー2013 第4節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第4節レビュー »