« ファンタジーサッカー2013 第7節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第7節レビュー »

April 21, 2013

二桃三士

FC東京3-1名古屋

先のナビスコとの違いは名古屋のメンバーが随分と変わっていたところ。東京は名古屋の守備ブロックの右サイドを徹底的に攻め、チャンスを量産しながらも決めることができなかったのだが、前半最後の最後で突き破ることに成功する。さすがのミステスも後半頭から本多を阿部に代えてきた。東京の攻撃は、ナビの時はボックス内に入るのも苦労していたが、このゲームでは右サイドを起点にエンドライン近くまで侵入することに成功している。ケネディに簡単に仕事をさせて先制されたのはいただけないし、これまでの失敗が全く反省されていないようにも思うが、それでもいつかは点が入るだろうなという予感は、この数試合の中では一番強くしていた。特に右サイドのルーコンと徳のコンビネーションは年季が入っており、横浜戦の左サイドとはひと味もふた味も違っていた。

右サイドが決壊したことで、名古屋のバランスは一気に崩れていった。前半からハイプレスで名古屋のボランチを狙っていたのだけれど、後半はダニルソンは田口が退場した関係もあってクタクタになっていて、直志あたりに代えてやればいいのにと同情したほどだった。悪いときの名古屋が全部出た感じ。このゲームは実際相手が自滅した感が強い。だから、東京自体はあまり大きな変化はなかった。ただ、一つ目についた変わったことと言えば森重の2度のオーバーラップだろう。そのうちの1回は逆転のPKをもぎ取った果敢なドリブルだった。普通なら中盤まで持ち上がって味方にボールをあずけたらDFラインに戻るのだけれど、あのときはそのままサイドにとどまりスルーパスが出てくるのをタイミングを計って待っていた。まるでボランチのように。

こう書くのは、ひとつの問題があるということでもある。どうにも秀人が不調なのだ。一時はなりを潜めていた危ないパスミスが散見され、ボールを引き出すポジショニングを取る動きも鈍い。確かにヨネと協働してセカンドボールに対するアプローチの速さは守備における評価ポイントだったけれど、攻めに関する貢献は相変わらず低調だ。森重のオーバーラップのような縦へ追い越していく動きは、本来ボランチに求められる動きだし、もっと縦へ前へ動くことで前線のマークもずれて攻撃陣にフリーのプレーヤーも出来やすくなるはずなのだ。それができていない。ヨネの攻めより守り優先はわかるのだけれど、秀人が代表に呼ばれヤットのサポートになるためには攻撃におけるセンスを見せつけなければならない。しかし、この状態だと次回は招集されないんじゃなかろうか。東京の攻撃の停滞の鍵は意外と秀人にも一因があるのではないか。ここにもう一度陽平をはめ込んでみると面白くなるのではないかと思わずにはいられない。

それにしても、あれをハンドと判定できないヘボレフェリーは、研修所で勉強し直したほうがいいな。完全に意図的だし、シュートコースは枠を捉えていたし、一発赤紙でもおかしくないプレーだ。そのあとの徳が倒されたプレーは当然として、森重のもらいに行ったプレーはその埋め合わせのつもりなのだろうかね。だされたカレー券は両チームで合計12枚。井上か。覚えとこ。

|

« ファンタジーサッカー2013 第7節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第7節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/57217513

Listed below are links to weblogs that reference 二桃三士:

« ファンタジーサッカー2013 第7節 | Main | ファンタジーサッカー2013 第7節レビュー »