« February 2013 | Main | April 2013 »

March 2013

March 30, 2013

ファンタジーサッカー2013 第4節

今節は名古屋、柏、が軸です。Yahooでは代表帰りは出場しないかもと予想していますが、そんなことないでしょ。しつこく前田をエントリーしつつ、前のほうはちょっとバラかしました。我が軍は好調マリノスとアウェー。昨年の日産は本当にワーストゲームといっていいほどの出来で、その印象が強いのでどうも今回は押せません。マルキが出場停止なのは不幸中の幸いですが、良くて引き分けかな。掟を無視するなら毒キノコは○必でしょうね。

【Yahoo】
GK権田(東京)
DF田中隼(名古屋)
DF田中マ(名古屋)
DF増嶋(柏)
DF近藤直(柏)
MF稲本(川崎)
MFヤキモフスキー(名古屋)
MFレドミ(柏)
FWパトリック(川崎)
FW矢野(名古屋)
FW前田遼(磐田)
勝負チーム:名古屋

【mini】
GK権田(東京)
DF田中マ(名古屋)
DF近藤直(柏)
DF増嶋(柏)
DF扇原(C大阪)
MF狩野(柏)
MF柿谷(C大阪)
MF東(東京)
MFヤキモフスキー(名古屋)
FW前田遼(磐田)
FWパトリック(川崎)
前節50fp

代表戦は、本田と長友がいないからなんて言われ方してますが、いてもそう大きくは変わらなかった様な気もします。確かに、清武や高徳はプレーが軽かった。ミスを認めるのはいいけれど、そのミスが直接的に敗因に結びついた事実は重く受け止めて欲しいですね。ミスしたら次はないぐらいの気持ちでいてもらわないといけない。リーグ戦は長いシーズンだから、ちょっとしたミスも出るし、それを挽回する機会もある程度用意されている。でも、代表のゲームは基本的に一発勝負だから、華試合は別にしても、全てにおいて負けていいゲームはひとつもない。本当なら、ミスしたらしばらくは呼ばないぐらいの罰を与えてしかるべきだろうけれど、そこまでの選手層の厚みがないのも問題だな。でも、CBなんかはマヤのあのスピードを見るにつけ、Jリーグにも釣り男はじめまだまだ試してほしい選手はいるわけだし、ザックにはもうちょっと視野を広げて代表を見てもらいたいと思うよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2013

有智高才

鹿島2-4FC東京(ナビスコカップ予選B組)

カシマスタジアムに足を踏み入れたのは何年ぶりだろう。全く思い出せないほど久々だった。とにかく東京はアウェーの鹿島戦にはからきし弱く、2007年以来勝ったためしがない。それでも、なぜか急に思い立って20日の鳥栖戦が終わったあと翌日にチケットを買ったのは、とにかくタマをもっと見てみたいという気持ちからだった。おそらくこの流れであれば、ポポさんなら次も使ってくるだろうと確信しながら。ところが、直前にいつも送られてくるスタメンメールのラインナップにはタマの名はなく、かわりに野澤の名前が。これには流石にびっくりした。と同時にヨネのコンディションが心配にもなった。なんにしても、野澤が今シーズン大事なバックアップに、いやそれ以上の存在になるかどうか、このゲームが試金石となるわけだ。

一方の鹿島と言えば、大幅にメンバーを入れ替えてきた。特にDFラインは西以外はサブクラスの若手。小笠原もいないし柴崎もベンチ。ちょっと舐められているのかなとも思った。まぁ、ここで勝てていないからしょうがない。実際ゲームも、前半は大迫のシュートとも呼べないようなクロスをファーに決められてしまい(本人曰くニアを狙ったシュートだったそうだw)、なんとも嫌な雰囲気が漂った。前半ロスタイムの徳の思いっきりと千真の機転がなければズルズルいった可能性もある。

ところが、後半東が河野に変わって入ると、東京の攻撃は劇的に変化する。右サイドに張った東を起点に、あれだけ停滞した縦へのパスが入るようになっていく。逆転弾はその東からルーコンに入ったパスからだった。突き放す4点目、中盤高めの位置でアーリアがカット、チュンソンが絡んで東がキープするとすぐさま中央の千真へ。一気に走り込むチュンソンにリターンすると早いタイミングでマイナスクロス、そして中に入った東が左足インサイドでコースを狙った技巧派シュートで止めを指した。この4点目は流れるようで素晴らしかった。鹿島のDF陣が、なぜか知らないが後半途中から棒立ちになって、東京の前線プレーヤーへのプレッシャーが弱くなったこともあると思うのだけれど、それを割り引いたとしても、素早いパス交換が敵守備網を切り裂いたのだ。今季好調、ホームで無敵の鹿島ではあるが、‘ヤング鹿島’であればこれぐらいの実力差があるというわけだ。リーグ戦でもこれぐらいの戦いが見れるのであれば、わざわざ鹿嶋まで出張ってくるのも苦じゃない。

さて、注目の野澤といえば、観たところ可も無く不可も無くといったところ。守備的MFを率なくこなした感が強い。マーキングやボールへのアタック、スペースの埋め方など、大きな問題はなかったと思う。課題はやはり攻撃への貢献かな。その野澤に代わって途中出場したタマは、そのままボランチの位置に入ったが、積極的に敵ボールに絡み、チャンスと見るや前線へも走り込む。また、悪いボールの取られ方をしたときは、全速で帰陣しボールホルダーにまとわりついた。うーん、これはいきなりシーズンの軸となりうる存在になるかも、そんな予感がした。

それにしても、東である。前半河野のポジショニングが悪く、全く縦へ進んでいかなかったのだが、東に変わっただけで、ほんとうに攻撃がスムースになった。東の才能を実感すると共に、かわいそうだけれど河野はこれでちょっと難しくなったなと思う。これは出ていないが洋平やソータンにも通じるところがあるのだ。そして、陽平の戻ってくる場所もなくなりつつある。なんとなくわかっていたこととはいえ、ちょっと複雑な気分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2013

新進気鋭

FC東京0-0鳥栖(ナビスコカップ予選B組)
凸凹のピッチに両チームとも手を焼いていた。しかも南寄りの強風がボールコントロールをさらに難しいものにしている。勢い長めのボールが増えてきて、そうであれば早めに平山を入れた方が割りきりが良かったのではないかと思ったりもした。
決定機といえば、前半のCKをチュンソンがフリーでヘッドするも枠を外してしまったのと、後半タマが絶好調期のナオを思い起こさせるダイナミックな走りこみ&トラップ&シュートがポストを叩いたシーンぐらい。あとは双方決め手を欠いてスコアレスドロー。鳥栖は最後までバイタルを締め切って、東京の攻撃を押さえ込んだ。まぁ、鳥栖は前節DFが崩壊したんで、切り替えの意味でも0で終われて良かったんだろうが、こっちは点がのどから手が出るほど欲しかった。右サイドから東が侵入したりしていたんで、太田のサイドも含めて、もうちょっとサイドをゴリゴリいきたかったかなぁ。
ナビスコというと若手の登竜門という位置づけもあり、各チームリーグ戦ではサブに甘んじている選手が登場してくるが、今年のうちの目玉はやはりタマだ。あのシュートが決まっていれば、鮮烈なデビューを飾ることもできたわけだが、それでも彼のプレー品質の高さは今後の活躍を期待させるに十分なものだった。是非ヨネに続くニューヒーロー賞を獲って欲しいものだ。
一方で、ソータン、洋平は精彩を欠いていた(2人とももう若手でもなんでもないが)。ソータンはミスをきっかけに電池切れを起こしてしまい、モチベの低下がスタンドにも伝わってきてしまった。久しぶりにソータンを見たけれど、なんかプレーが小っさかったな。もうちょっと奔放さがあった気がするんだが。洋平も久しぶりとはいえ途中交代でゲームになかなか入れなかった。攻撃的MFはすでに飽和しており、出た以上は結果を求めないといけない(結果という意味では、李にしても平山にしても同じだが)。でも、プレーぶりからは、そういった執着心のようなものが残念ながら伝わってこなかった。これでは、ネマやナオを押しのけてスタメンなんて100年早い。ある意味ムックンは出て良かった気がする。
ところで、今回サブにいきなり野澤が入ったけれど、振り返ってみるとボランチがいない。これでヨネがまた怪我して長期離脱したらちょっとやばい感じがした。彼のプレー自体が怪我と隣り合わせなところがあるし、仮に昨日のゲームでヨネが負傷退場したら、どんなフォーメーションになったんだろうか。やはりタマが一列下がるのか。アーリアを下げたときの若干の不安感を秀人一人で埋められるかどうか。シーズン通じてのアキレス腱にならないといいのだが。
まぁ、不満不安は多少あるものの、将来の10番のデビュー戦を観た、ということで満足しておこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2013

ファンタジーサッカー2013 第3節レビュー

3連勝はなりませんでしたね。鳥栖はまた派手な打ち合いをしたもので。Yahooは前の2人が稼いでくれたんで、そこそこポイントが伸びました。肝心のトップ外したのはコストの問題だったんで悔いが残るところ。一方DFをいれたminiは小林が0、丹羽が‐1と完全に足を引っ張った形。勝利したチームでも、結果が殴り合いだとこういうことが起きるわけですね。だから、チームの勝ち負け以上に、それぞれのポジションでの仕事がちゃんと出来たかという評価をしないといけない。特に殴り合いのゲームは要注意ということです。川崎はチームとしてちょっとその傾向があるんじゃなかろうか。見分には面白いが、張るのは前だけって感じだな。なかなか今シーズン仕様に切り替わりません。

【Yahoo】
GK権田(東京)…5Fp
DFヨ ソンヘ(鳥栖)…4Fp
DF高橋祥(大宮)…3Fp
DF小林久(鳥栖)…2Fp
DF太田宏(東京)…4Fp
MF水沼(鳥栖)…22Fp
MFキム ミヌ(鳥栖)…15Fp
MF東(東京)…2Fp
FWキリノ(湘南)…8Fp
FWノヴァコヴィッチ(大宮)…3Fp
FW前田遼(磐田)…3Fp
合計71Fp 通算208Fp
12260位/116898(↑917)

【mini】
GK権田(東京)…2fp
DF小林久(鳥栖)…0fp
DF丹羽(鳥栖)…‐1fp
DF渡部大(大宮)…4fp
DFチャン ヒョンス(東京)…5fp
MF米本(東京)…3fp
MF東(東京)…1fp
MFキム ミヌ(鳥栖)…9fp
FW前田遼(磐田)…3fp
FW赤嶺(仙台)…4fp
FWノヴァコヴィッチ(大宮)C…2fp
合計34fp 通算142fp
チーム時価 ‐720
246位/317 関東リーグ

それでは、その鳥栖とやりに駒沢にいってきやす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2013

ファンタジーサッカー2013 第3節

東京、鳥栖、大宮とややマイナーな感はありますが、予算の都合もあるのでこれを軸で組みました。前節良かったものだから、我が軍のプレイヤー達のコストが軒並み高騰してしまい、中途半端な起用の仕方に終わってしまいました。よもや千真3戦連発はないよなぁ(ビクビク)。

【Yahoo】
GK権田(東京)
DFヨ ソンヘ(鳥栖)
DF高橋祥(大宮)
DF小林久(鳥栖)
DF太田宏(東京)
MF水沼(鳥栖)
MFキム ミヌ(鳥栖)
MF東(東京)
FWキリノ(湘南)
FWノヴァコヴィッチ(大宮)
FW前田遼(磐田)
勝負チーム:鳥栖

【mini】
GK権田(東京)
DF小林久(鳥栖)
DF丹羽(鳥栖)
DF渡部大(大宮)
DFチャン ヒョンス(東京)
MF米本(東京)
MF東(東京)
MFキム ミヌ(鳥栖)
FW前田遼(磐田)
FW赤嶺(仙台)
FWノヴァコヴィッチ(大宮)C
前節84fp

ムックンはレンタルの条件に対戦回避は含まれていなかったようですね。実際相対してみると複雑なものがあるんじゃないかと推測するのだが、出るのであればそこは吹っ切っていいプレーを見せて欲しいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2013

ファンタジーサッカー2013 第2節レビュー

不徳の致す所です。不深甚な信徒には罰が当たるわけですよ。川向こうに占いを任せるぐらいなら、どーんと自分とこでやりゃいいのに、へたれにもほどがある。済みませんでした。信仰の証として、今シーズンGKは権チャンで固定します。プラス最低1人以上を起用する。対戦相手&赤軍不起用の掟に加えて実施します。

【Yahoo】
GK西部(川崎)…8Fp
DF實藤(川崎)…9Fp
DF井川(川崎)…2Fp
DF中澤聡(川崎)…5Fp
DFチョビョングク(磐田)…3Fp
MF中村憲(川崎)…9Fp
MF柴崎(鹿島)…4Fp
MF東(東京)…6Fp
FW前田遼(磐田)…6Fp
FW佐藤寿(広島)…4Fp
FW李(東京)…4Fp
合計60Fp 通算137Fp
13177位/116409(↓4897)

【mini】
GK西部(川崎)…4fp
DF井川(川崎)…2fp
DF中澤聡(川崎)…4fp
DF塩谷(広島)…5fp
DFチョビョングク(磐田)…5fp
MF中村憲(川崎)…3fp
MF東(東京)…10fp
MF柴崎(鹿島)…3fp
FW佐藤寿(広島)C….fp
FW前田遼(磐田)…2fp
FW李(東京)…3fp
合計47fp 通算108fp
チーム時価 +600
207位/309 関東リーグ

大宮と前田の矛盾対決は大宮の勝利。今年も大宮は残りそうだし、それ以上にやりそうな雰囲気もある。磐田は次は好調の鷗さんとか。あにはからんや決まっちゃったらどうなるんだろう。それはそれで、興味深いぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2013

ジャンゴ

この映画のPRでデカプリオのインタビューをテレビで観たのだが、テーブルを叩いた拍子にガラスで手を切ってしまったハプニングがそのまま使われたというエピソードが紹介されていた。実際映画館のスクリーン上で見ても相当な出血で、彼自身演技しながらもずいぶん傷のことを気にしていたのが妙なリアリティを生んでいた。タランティーノ監督からは好きにやらせてもらったらしく、この映画を非常に楽しんだようだった。演者たちが映画の中に完全に入り込んで、南北戦争直前の驚くべきアメリカ社会を舞台にエンターテイメントしているのだ。期待にたがわぬタランティーノ節炸裂である。(ネタバレ)

Continue reading "ジャンゴ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2013

当意即妙

FC東京3‐0柏

正直この結果には驚きを隠せない。まぁ、柏が完全に寝ぼけていたのを割り引いても、何となく付いてしまったこの点差に多少戸惑っているのかもしれない。

陽平が抜け東が入った前線の印象は、素直に縦に早い、ということ。明らかに速さが増した。これは東の動きの質にも起因している。何しろ動き出しがいいし、スペースの感じ方、作り方がいい。縦の意識があるから、秀人やヨネから良くパスが出てくる。フィニッシュはイマイチながら、攻撃の組立要素としてはニューさんをさらに質的にグレードアップした感じもする。ルーコンとのバランスもいい。

点の取り方も良かった。1点目はショートカウンターの裏狙い。2点目はサイドからの崩し。そして3点目はカウンターで押し込んでからのミドル。たまたまスコアラーは前節と一緒だったけれど、いろいろな攻めのパターンが自在に使えるようになってきたのではないだろうか。これも昨年からの積み重ねの賜物というもの。千真も東京の水に馴染んできた感じだ。双方がお互いの特性を理解した2得点と言える。アーリアはプレーがずいぶんと落ち着いた印象。太田の無駄走りも奏功して、冷静にショットする時間を作ったわけで、なんか急に上手くなったというかサッカー脳が発達したというかそんな感じだ。

そして、本日一番効いていたのはヨネだったな。猟犬としての本性が目覚めたというか。守りではレドミを自由にせず、1点目のアシストのように攻めにも貢献度が高かった。何より滑って止めるようなシーンがほとんどなかったところに成長を感じる。

チュンソンは東京のサッカーにまだ馴染んでない感じだが、あのクロスバーを叩いた一撃には、やはり非凡なものを感じさせる。これからだとは思うけれど、千真がこれだけ結果を出していると、なかなかスタメンは難しいかもしれない。6月まで時間はあまり無いぞ。

さぁ、開幕連勝してスタートは上々。優勝までは言わないが、ACLの可能性は最後まで引っ張っていきたいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2013

ファンタジーサッカー2013 第2節

ホーム開幕ですが、ここんところ柏には分が悪い。ので我が軍はちょっと控えめにして、川崎を軸にチョイスです。降格候補である大分がどこにいつ勝つかは注目したいところ。逆に言えば川崎にとってはシーズンを占う大事な一戦ということ。ホームを落とすようなことがあると、もしかしたらが待っている。そこに乗っちゃうオイラもオイラなんだがw あと、今節はJリーグ都市伝説盾矛対決に期待して前田爆弾に一票。エントリーはしませんが、甲府のホームは期待して見たいですね。JFKの復帰初勝利なるか。

【Yahoo】
GK西部(川崎)
DF實藤(川崎)
DF井川(川崎)
DF中澤聡(川崎)
DFチョビョングク(磐田)
MF中村憲(川崎)
MF柴崎(鹿島)
MF東(東京)
FW前田遼(磐田)
FW佐藤寿(広島)
FW李(東京)
勝負チーム:川崎

【mini】
GK西部(川崎)
DF井川(川崎)
DF中澤聡(川崎)
DF塩谷(広島)
DFチョビョングク(磐田)
MF中村憲(川崎)
MF東(東京)
MF柴崎(鹿島)
FW佐藤寿(広島)C
FW前田遼(磐田)
FW李(東京)
前節27fp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2013

ファンタジーサッカー2013 第1節レビュー

まずまず無難な立ち上がり。開幕はやっぱりスタメン予想が難しい。今季は特にMFより前が実力拮抗しているので、誰が出てもおかしくないという意味でさらに難易度は上がってます。あとはポポさんの好みかな。アーリアなんかは好きなんだと思う。東も。開幕前調子がよかった河野とか出番ないし、ヒョンスも加賀のトラブルがなかったらベンチだっただろうし。チュンソンより千真だったし。
横浜は途中まではやらかしたか!と思ったけどマルキが効きましたな。でもDFは湘南相手にボロボロ。仙台はちょっとナーバスなのかACLの影響なのか、昨季ほどの威力を感じない。まぁ、今節は完封が1ゲームしかなかったのでDFはポイントが上がりにくかったみたいです。

【Yahoo】
GK権田(東京)…7Fp
DF栗原(横浜)…2Fp
DF渡辺広(仙台)…12Fp
DF太田宏(東京)…4Fp
DF森重(東京)…6Fp
MF太田吉(仙台)…5Fp
MF兵藤(横浜)…5Fp
MF東(東京)…12Fp
FW赤嶺(仙台)…3Fp
FWマルキーニョス(横浜)…18Fp
FW李(東京)…3Fp
合計77Fp 通算77Fp
8280位/115592

【mini】
GK権田(東京)…5fp
DF渡辺広(仙台)…9fp
DF森重(東京)C…5fp
DF太田宏(東京)…5fp
DFチャンヒョンス(東京)…5fp
MFリャンヨンギ(仙台)…5fp
MF兵藤(横浜)…6fp
MF東(東京)…5fp
FW李(東京)…2fp
FWノヴァコヴィッチ(大宮)…7fp
FWウィルソン(仙台)…2fp
合計61fp 通算61fp
チーム時価 +1820
166位/281 関東リーグ

我が軍のゲームは、家の録画システムの問題でBS1が録れず、得点シーンしか見ることができませんでした。全体的な流れ、できはどうだったんでしょうかね。アーリアの得点見て、ロンドンの権チャンを思い出しましたよ。
ところで、陽平はベンチ外になってしまいました。体調の問題なのか、それともプレースタイルの問題なのか。何にしても点を決めないと、使ってもらえないような気がする。このままだと、6月買い手がつかずに戻ってきて、玉突きでチュンソンはイギリスに戻ることになりそうですな。そうなると、東中心の前線に陽平を組み込むことができるのかという新たな問題が発生しかねない。気が早いけど、そうならないことを願うばかり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2013

ファンタジーサッカー2013 第1節

さぁ、今年も始まりました。我が軍も陽平が出て東とチュンソンが入って、どれだけの変化がありますか楽しみです。陽平の掟は必然的に解除です。

開幕は各チームとも新戦力を含めスタメンがどうなるのかよく分かりません。我が軍もボランチまではいいとしても、前の4人はどうなるのか自信がない。とりあえずチームは下から上がってきた3チームと対戦するところに絞り、その中でまぁスタメン間違いないというところを押さえてみました。3~4節ぐらいまでははっきり言って様子見です。

Yahooは勝負チームから5人以内という新ルールのため、東京の選手を削りました。あいかわらず、細かいところはコストの調整のためにYahooとminiで面子にばらつきがでます。本当は揃えるべきなんでしょうが、コストを詰めていくと、なぜか赤嶺がウィルソンになったりするんですよねぇ。予算枠フルに使う必要はないんだけど、やっぱ貧乏性なんですかね。

【Yahoo】
GK権田(東京)
DF栗原(横浜)
DF渡辺広(仙台)
DF太田宏(東京)
DF森重(東京)
MF太田吉(仙台)
MF兵藤(横浜)
MF東(東京)
FW赤嶺(仙台)
FWマルキーニョス(横浜)
FW李(東京)
勝負チーム:東京

【mini】
GK権田(東京)
DF渡辺広(仙台)
DF森重(東京)C
DF太田宏(東京)
DFチャンヒョンス(東京)
MFリャンヨンギ(仙台)
MF兵藤(横浜)
MF東(東京)
FW李(東京)
FWノヴァコヴィッチ(大宮)
FWウィルソン(仙台)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2013 | Main | April 2013 »