« ファンタジーサッカー2012 第34節 | Main | アルゴ »

December 02, 2012

大収穫祭

FC東京6‐2仙台

3点目が入ってから仙台が切れてしまったね。そこまでは、守ってカウンター狙いで、実際真吾が1点返したわけで、後半開始すぐの仙台のビッグチャンスを不意にしてくれたのが大きかった。あれが決まっていたら、ここまでの点差にはならなかったかもしれない。

あれだけコンパクトだった中盤がスカスカになって、東京の攻撃陣が自由自在に動けるようになった(後半開始時点で仙台は3バックにしたように見えたが、サイドがほとんど機能していなかった)。それにしても、このゲームではシーズン通じてトライしてきたことが全てゴールに結びついたという意味で、ポポ東京が目指す攻撃サッカーのカタログのようだった。1点目は裏狙い。秀人のタイミングが絶妙。フィニッシュのルーカスのシュートも巧み。2点目は狭いスペースをワンツーを3つ繋げてルーコンがフリーになったプレー。陽平のタメがポイント。パスサッカーで崩しきる醍醐味がここにある。3点目はセットプレー。ヒョンス来年もうちでプレーしてね。4点目は陽平→アーリア→千真と縦に継るパスから生まれた得点。やっぱり千真はこういう裏一発が得意なんだろうな。今の東京の戦術にはなかなかフィットしない(真吾なんかも、だから出ていったわけで、その意味で名前が出ているコオロキなんかはどうなんだろうか)。5点目は陽平とネマの完璧なコンビネーション。陽平がスルーして前へ出てネマへリターン。2人のイメージが確実にシンクロしていたプレー。そして最後はネマニャの圧倒的な個人技で打ち止め。ゴール前でルーレットをかます遊び心とスキルには恐れ入った。やりたい放題だ。

前節脚戦の1点目、徳がファーを詰めた得点を含めて、最後に来て東京の攻撃がやっと突き抜けてきた感じがする。まぁ、これからっていうときにシーズンが終わりというのも気が抜ける話だけれど、これで来季は今年以上の期待が持てる。その気持ちで12年シーズンを終えられたことで十分と思いたい。J1復帰してまずは残留することがひとつの目標だったわけで、はじめてのACLに苦労しながら、確実に以前の中位には戻ってこれたわけだから、改めてJ1の頂を目指す冒険が来年からスタートするのだ。今からワクワクする。にしても、今年はオフが長いなぁ。移籍などの話についてはまた違う機会に。

ちなみに、来年のファン感「東京フェスティバル2013」は来年2/11(月)@東京競馬場。

|

« ファンタジーサッカー2012 第34節 | Main | アルゴ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/56235652

Listed below are links to weblogs that reference 大収穫祭:

« ファンタジーサッカー2012 第34節 | Main | アルゴ »