« 滑りぞめ | Main | 2012年の総括① »

December 13, 2012

なんか急にあわただしくなってきた

とりあえず来季もポポさんが指揮を取ることが正式に決定したので一安心。とはいえ、来季の編成に向けていろいろ動き出しており、いまのところ出て行くほうのニュースが多いところが不安を煽っているね。

その1
また陽平の移籍話が出てきた。これも毎年の恒例行事になりつつある。いくら名門パナシナイコスとはいえ、ギリシャという国自体が問題だから、給料未払いとか政情不安とかいろいろマイナス話が出てきても不思議ではない。日本にいては世界から注目されないみたいなことも言われるが、最近は香川、長友を筆頭に良質なタレントを欧州に送り込んでいるので、Jにも結構調査が入っているみたいだし、無理してまで欧州に身を置く必要性も少なくなっているように思う。引っかからずに早々に戻ってきてしまった伊野波の例もある。これは流石にみっともない。行くんだったら、せめてステップがしっかりしているブンデス当たりから始めたいよね。まぁ、本当の話だったとして(放置によればクラブ間合意は済んでいるとのこと)、最終的な判断は本人がすればいいんだけれど、印象としてはあまり良い移籍話ではないなぁ。ただ、どこに行っても梶山マニアはやめられないです。応援するのみ。

あぁ、それで東なのか。

その2
ムックンに降って沸いたような移籍話が。オファー元は桜組。確かに若手を育てるクラブとして評価が高いセレッソなら、悶々とするムックンの現状を打破してくれるかもしれないが、みすみすカンテラのタレントを流出させてしまうのは惜しいよなぁ。徳と同じタイミングで在籍してしまった不運だ。長友みたいに上手く左ができればよかったけれど、やはり利き脚じゃないと難しいのかな。東京愛が人一倍なのは知っているが、本人のことを考えれば出るべきだと思う。ただ、行くのであれば、レンタルなんて中途半端はやめて完全で行って欲しいと思うよ。モニともども応援しちゃる。

その3
ソータンにも獲得オファーが舞い込んだ。大宮と京都とのこと。大宮は東の穴埋めなのか知らん。京都はフィニッシャーを活かしきれていないという反省からなのか。伸び悩み、頭打ち感が強い今のソータンがブレークスルーするためには、移籍はひとつの手ではあるのだけれど、とはいえ東京の中盤からソータンを抜かれるのは実際痛い。中盤の前目の編成は、数年来の劇的変化が来るのかもしれない。怖くもあり楽しみでもあり。

あぁ、それで東なのか。

|

« 滑りぞめ | Main | 2012年の総括① »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/56310107

Listed below are links to weblogs that reference なんか急にあわただしくなってきた:

« 滑りぞめ | Main | 2012年の総括① »