« ファンタジーサッカー2012 第33節 | Main | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q »

November 25, 2012

輪廻転生

G大阪2-2FC東京

最低限の仕事はしたということで、あとは事の発端である前田自身に伝説を完成させてもらおう。
今年最後のKenny's観戦。店の中も負のオーラが充満している。指揮官自ら‘逃げ出した奴’を引き合いに出してモチベーションを焚きつけたらしいから、全体がそんな空気だったわけだ。ゲームは、シュート数も決定機も上回りながら結果引き分けに終わってしまったことは残念ではあるけれど、最終節にドラマを持ち越せただけでも良しとしよう。実際千真が藤ヶ谷をかわして打ったシュートがポストを叩くに至っては、こんなことしてたら負けるぞと思ったものだ。案の定その後逆転されたけど、あの深い時間帯でよく追いつけたなと。それは当然脚にも起因することであって、あれだけ守って最後にやられるのは、いつか何処かで見た光景でもある。脚のシュート数が極端に少ないことからも、相当プレッシャーがかかっていたことは想像に難くない。‘逃げ出した奴’も足許がおぼついていなかったように見えたし。元々心臓そんなに強いタイプじゃないしね。
さて、最終節を前にして広島が優勝を決めてしまったので、仙台を迎えるホーム最終戦は、誰に遠慮することもなく心置きなく勝って終わりにできる状況になった。ACLとか天皇杯とか年間順位とか、J1に戻ってきたのはいいけれど、ただ戻ってきただけに終わってしまったのはすっきりしない。最後ぐらい気持ちよく終わりたいものだ。
ところで脚だけれど、最終節負けると終わりという状況になった。神戸とセレッソ次第とはいえ、まずはとにかくアウェーで勝たなければいけない。今節のゲームを見る限り、サイドからの攻撃に脆さを見せた。駒野にやられそうな感じがプンプンする。後は神のみぞ知る、だな。落ちたらレアンドロを引き取ろう。コウロキよりはるかに良いと思うよ。

|

« ファンタジーサッカー2012 第33節 | Main | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/56186896

Listed below are links to weblogs that reference 輪廻転生:

« ファンタジーサッカー2012 第33節 | Main | ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q »