« 停滞前線 | Main | ファンタジーサッカー2012 第29節 »

October 17, 2012

サッカーの相対論

欧州遠征2連戦は1勝1敗に終わったけれど、中身が詰まっていて実に面白かったですね。特に2試合の成り立ちのコントラストが印象的でした。日本は自分たちがやってきたサッカーをやろうとして、フランス戦ではそれがほとんど発揮されることがなく、一方のブラジル戦ではアタッキングサードまではそれなりにできたという違いが生まれたということです。やはり、サッカーは相手があって何ぼのもの。フランスとブラジルの違いが、日本というチームを通してみることができたとも言えるでしょう。

ある程度日本にボールを持たせたブラジルの方が懐が深い感じがしました。余裕、ゆとりがある(フランスは力押しでゴリゴリ来るけれど、最後フィニッシュの精度が、まだ川島がセーブできるところで終わってしまっている)。日本もシュートまではもって行くのだけれど、最後のところで詰まってしまう、その押さえどころをブラジルのDF陣は心得ているといった感じですね(香川のわずかに右に外れたシュートも、上手くDFがコースを切ってました)。攻撃については、とにかく切り替えのスピードが速い。個人戦術、スキルの素晴らしさに加え、相手の嫌がることがわかっている。点の取り方をよく知っている。さらにシュートの精度が高いとくれば、止めようがないです。ポストに嫌われた2つのシュートも、完全にやられた形でしたし、よく4点で済んだなと(というより、内3点は明らかに自滅点でしたが)。とにかくひとつのミスが命取りになる確率が非常に高い。Jリーグでよく見る簡単なパスミスも、このレベルでは許されなくなる。この緊張、プレッシャーは、このレベルでやらないと理解しようがない。このマッチメイク自体、非常に価値があるものでした。

最大の課題はシュート技術でしょう。枠に飛ばす、枠の隅に飛ばす、GKのタイミングを外す。シュートコースのみならず、GKとの駆け引きも含めて、やっぱりセレソンは上手いですよ。本田が裏に抜けて放ったシュートもGK正面に打っていたのでは入るものも入らない。やっぱり最後はプレーヤーのクオリティに帰結するんですね。ウッチー、ネイマールと遣り合って楽しそうだったなぁ。今ちゃんとマヤは完全に振り回されてたなぁ。本番までに、みんなどれだけ上手くなるか、楽しみですよ。

|

« 停滞前線 | Main | ファンタジーサッカー2012 第29節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55909892

Listed below are links to weblogs that reference サッカーの相対論:

« 停滞前線 | Main | ファンタジーサッカー2012 第29節 »