« 祝就職決定 | Main | サッカーの相対論 »

October 14, 2012

停滞前線

清水3‐0FC東京

金曜日出張で名古屋。打ち合せが終わったのが夜の7時。あれ、このまま静岡で途中下車すれば行けるじゃんと一瞬思う。しかし、スーツで革靴、重いカバンを持って(コインロッカーに入れておけばいいのだけれど)日本平まで行くのか?と自問自答。一度帰ってから車で再出陣のパターンもシミュレートしてみる。行楽シーズンの東名高速は絶望的か。TV中継は?検索した結果FUJIONEで放送することは確認。Kenny'sに電話したらアウェーライブ開催とのこと。結局新宿で準特急に乗り調布まで行ってKenny'sに予約をいれた。もし、静岡で降りていたら、この結果はどうなっていたのだろうか。多世界解釈で違う選択をすることで結果が変わったかもしれない。そう思うと、Kenny's観戦にしてしまったことにちょっとした後悔を感じないでもない。

さて、ゲームの方だけれど、失点は致し方ない(最後のPKは流石扇谷の真骨頂。無茶苦茶だな)。やっぱり点が取れなかったことが全て。特に後半立ち上がりの猛攻で追いつけなかったのが痛かった。ゲームの入りが、清水の勢いに押されてロングボール主体になったのは仕方ないことかもしれないけれど、セーフティの意識が強すぎて、自分でリズムを作れなかったというのもあると思う。狙ってゲームを作れるほど、まだこのチームは成熟していない。コントロール出来るのであれば5点も取られないし。反対側の山が鹿島になったので、リベンジもできないのが残念だ。これで、今年の関心は賞金の額と、ラス前の万博だけになってしまったな。万博どうするかな。ほんと。

|

« 祝就職決定 | Main | サッカーの相対論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55887589

Listed below are links to weblogs that reference 停滞前線:

« 祝就職決定 | Main | サッカーの相対論 »