« ファンタジーサッカー2012 第30節 | Main | ファンタジーサッカー2012 第30節レビュー »

October 28, 2012

百花繚乱

FC東京5‐0札幌

やっぱりナオのゴールには華がある。ナオがもっと決めてくれていればこんな順位には居ないのになぁという思いは強いのだけれど、このゲームをきっかけに感覚が戻ってくるといいな。後半ナオが1点取ったあと、ネマニャ投入のとき、交代選手のボードに最初18の数字が出ていて、せっかく点取ったのにここでご苦労さんかと思ったのだが、実際交代するときには7に変わっていた。確かに米は調子悪かった。プレーがことごとく中途半端で判断が遅かった。で、ナオを残したことで3点目が入ったわけだから、結果オーライ、ポポさんもほっとしたのではないかな。その3点目、森重がピタッと合わせたロングフィードとナオのダイレクトシュートの合わせ技一本だった。このダイアゴナルランが見たかったんだ。ただ、これもナオのスピードと技術(+相手DF&GKのクオリティ)によるもの。もうひと手間かけた崩し(いわゆる3人目の動き)は相変わらず見られなかった。

何にしても前半早い時間帯で先制できたのが大きい。札幌のへっぴり腰もあって、これで余裕をもってゲームを進めることができた。点はすべて個人スキルのたまもので、決して誉められたものではないけれど、つまり給料の差で勝ったようなものだから、手放しで喜ぶということでもないし、こんな死人に鞭打つようなことはなんとなく後ろめたいところもある。札幌も懐事情とか考えると、今後容易には上には上がってこられないだろうな。ゲーム前岡山がG裏を煽っていたけれど、この結果は申し開きできないものだ。来季意地を見せてほしいものだ。

さて、この後、名古屋、神戸(残留争い)、G大阪(残留争い)、仙台(優勝争い)と完全な脇役試合が続く。恨みっこなしという意味でも、とにかく勝つことが大事。順位や賞金額に関係なく、脇役として主役を食うぐらいの活躍を見せてほしい。牛と脚には分け隔てなく黒星を。

|

« ファンタジーサッカー2012 第30節 | Main | ファンタジーサッカー2012 第30節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55988433

Listed below are links to weblogs that reference 百花繚乱:

« ファンタジーサッカー2012 第30節 | Main | ファンタジーサッカー2012 第30節レビュー »