« 岩櫃山 | Main | ファンタジーサッカー2012 第29節レビュー »

October 23, 2012

大詰めラスト5

J1の優勝は広島、仙台に絞られた感が強いです。広島はまだガンバと浦和のゲームを残しており、その意味で浦和の山を越した仙台の方がやや有利かもしれません。優勝のプレッシャーがいかほどのものか。最終戦までもつれるようだと、また我が軍が絡むんですな。逆の立場で取り上げてもらえるようになりたいものです。だいたい華を持たせる結果になりそうな予感が今からするからたちが悪い。
一方ボトムズのほうは、いよいよ神戸を巻き込んで2/4の椅子取りゲームです。ここまでの勝ち点化率からすると、新潟、大宮になるんですが、ここ5試合の大宮の残留力は半端なく、脚も同じく勝ち点3を積み上げてきているので、この2チームの勢いが勝ると神戸が沈むことにもなりそうです。清水が神戸を除く3チームと残しており、また磐田も大宮と脚と残しているので、静岡の2チームが行く末を大きく左右する感じですかね。まぁ、最終節までもつれるでしょうから、万博は行かなくてもいいかな。

【後半戦勝ち点化率と最終予想勝ち点・最終順位】
新潟 41.7% 37.3 17位
大宮 38.9% 38.8 16位
神戸 30.6% 39.6 15位
G大阪 52.8% 39.9 14位
この通りに決着すると、ボーダーは39となり、1シーズン制になってから最大値を更新ということになりそうです。中間時点での予想値が36でしたから、1勝分上ブレするわけで、これは相当ハイレベルな争いです。正直どこが落ちるか予想はつきません。

J2は甲府の優勝が決まって、2着は京都と湘南のマッチレース。POは山形まででしょう。ボトムズは今度の岐阜戦ではっきりするけれど、6差だからねぇ、町田でほぼ決着ではなかろうか。長崎がかなりの確度で1位抜けしそうなので、1年でJFLに戻ることになりそうです。結局まだ機が熟していなかったと見るべきなのか。インフラの問題も含め難しいですよね。Jの格(ライセンス制度とは違った意味で)とはいったい何なんでしょうかね。
totoは残り全部買うかな。

|

« 岩櫃山 | Main | ファンタジーサッカー2012 第29節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55948050

Listed below are links to weblogs that reference 大詰めラスト5:

« 岩櫃山 | Main | ファンタジーサッカー2012 第29節レビュー »