« 生きる悪知恵 | Main | るろうに剣心 »

September 10, 2012

交通事故

天皇杯2回戦
FC東京0-1横河武蔵野FC

やちまっただよ、塩。元々ハイボールの処理は苦手にしていたが、あの目測の誤りはプロとしてちょっと恥ずかしい。権ちゃんだったら、という思いもなくはないが、あれだけ攻めて点が入らなかった報いと諦めるほかない。あのFK、蹴った本人はミスキックだったと言っているらしい。ラッキーパンチにもほどがある(苦笑)。今回は久しぶりにG裏で見ていたのだけれど、入った瞬間は何とも微妙な空気だった。ケツかっちんだったので選手挨拶まで居られなかったが、G裏の反応はブーイングだったんだろうか。

ポポさんが町田を率いていたときの横河との相性は良くなかったらしい。構図として、横河が引いて守りカウンター狙いというのは、戦前から想定されていたことだ。だから、前半に点が入らないと苦戦することも予想されていて、その心配が現実となってしまったゲームだった。前半の問題は、相手の5バックにサイドが上手く使えず、攻めが中央に偏重したこと。ポストがないので裏狙いになるが、キッチリ着かれてしまっては何もできない。シュートも打てないからCKも取れなかった。セットプレーでゴリゴリやれば、1点ぐらいなんとかなったんじゃないかと悔やんでみる。ネマはそれほど期待できるプレーヤーとも思えないのだが、G裏には結構人気があるみたいだ。

前半打開策が見出されないまま、後半頭からネマに代えて陽平投入。これで俄然前線にタメができて、ハーフコートゲームの様相を呈する。前半に比べ、ボランチ2人の位置が明らかに高くなった。さらにルーコンを投入するのだが、このとき個人的に千真を下げるべきではなかったかに感じた。ひとつはポストとして機能していないこと、ひとつは狭いスペースで自らシュート体制を整えることができていなかったこと。だから、てっきりルーコンをトップに据えるものと思っていたので、ちょっと疑問だった。結果論かもしれないけれど、ゴリゴリやり続けてやっと巡ってきたフリーのシュートチャンスをフイにしたのは千真だったし、あのシーン、ルーコンとポジションがかぶっていた。整理されていれば、果してどうなっていたか。微妙なかけ違いが大きく結果に作用してしまった。

まぁ、ジャイキリとはこんなもの。ブログを読むとナオは結構深刻に受け止めているようだ。そりゃそうだろう。相手はアマチュアなんだからね。でも、正直あのサッカーを続けていたとしても、ほとんど横河に勝ち目はなかった。東京のカウンターへの対応もしっかりしていたし。「万が一」のその「一」が起きたということ。横河のディフェンスは本当に堅かった。そこは相手を褒めるべきだと思う。切り替えて、ナビスコとリーグに集中集中。

|

« 生きる悪知恵 | Main | るろうに剣心 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55626887

Listed below are links to weblogs that reference 交通事故:

« 生きる悪知恵 | Main | るろうに剣心 »