« シャドー81 | Main | ダークナイトライジング »

September 02, 2012

現実路線

FC東京3‐1横浜FM

けが人などの問題もあり3‐4‐2‐1を採用したとポポさんは言う。で、内容的には良かったと。1点目は相手のミスから。2点目はショートカウンター。3点目は千真の突進で得たFK。ポゼッションして崩しきった感じは全くない。横浜の点の方がよほど崩した感がある。90分通じて横浜の方が支配的だったし、特に前半は押し込まれてセカンドボールもコントロールされて、コーナーに逃げるのが精一杯という時間帯も長かった(とはいえ、横浜がミスから先制されてからしばらくは明らかに動揺しているのがスタンドからもわかった。やっぱりメンタルは大きい)。後半はリードしたのでブロックを作って守りから入ったし。それにしても5バックは強烈だったな。監督の評価とは見た感じまったく違う印象のゲームだった。

守りではとにかく米が抜群だった。いたるところで潰しにかかる運動量とねちっこい守備は、横浜に押されていた時間が長かった割に、被決定機をほとんど作らせなかった要因の一つ(後半入ってきた俊輔をボランチに置いてくれたのも、東京にとってはありがたかった)。両ボランチの活躍あっての勝利だったように思う。ただ、2人ともパス精度がいまいち。特にアーリアはパスを含めてプレーが雑で、ここを直せばもっと良くなるのにと思う。そのアーリア、ロスタイムにマルキ?ともめてカレー券をもらい、次節は出場停止。この気性のむらっけも、プレーの精度と無関係ではないように思う。

にゅーさんがピッチに立ったのはいいニュース。3‐4‐2‐1であれば、2シャドーにはにゅーさんのようなプレーヤーの方がフィットすると思う。他方、両SHの徳とムックンは苦労していた。2点目は3‐4‐2‐1システムの利点が生きた点だったと言えるが、最終ラインから最前線のウイングまでを一人でこなすスキルと体力がないと、なかなか務まらないポジションだ。ただ、2人にとってさらに成長するチャンスだと思うから、頑張ってものにして欲しいな。

|

« シャドー81 | Main | ダークナイトライジング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55562335

Listed below are links to weblogs that reference 現実路線:

« シャドー81 | Main | ダークナイトライジング »