« ファンタジーサッカー2012 第24節レビュー | Main | 生きる悪知恵 »

September 06, 2012

高材疾足

ナビスコ杯準決勝1stレグ
FC東京2-1清水

丸山があんなにスキルフルでクレバーな選手だったなんて知らなかった。何でもっと早く使わなかったんだろうか。3バックが機能しないと見るや、前半32分にソータンを入れて4-2-3-1(実際は陽平がほとんどトップの位置からチェイスしていたので4-4-2だった)にシフトチェンジしたのが奏功して主導権を奪い返したが、ここは流石ポポさんの采配がお見事だった。で、ここでご当人も交代させるメンバーを丸にするかムックンにするかで悩んだそうだ。そして、残した丸が予想以上の活躍を見せるのだから、ポポさん冴えまくってたな。

素晴らしかったのは、本職のCB(3バック)のときより4バックにしたあとの左SBとしての動きで、ディフェンスとしての働きは当然のことながら、ボールのつなぎや扱いが安定していて、かつ攻め上がりについても機を見て敏なり、タイミングがいいし結構大胆な動きを見せた。最深部からクロスも上げたし、ルーコンに出したラストパスなんかも相当センスを感じさせるものだ。ムックンもゴール前まで突入していくプレーは得意とするが、それをいとも簡単にコピーしてみせるとは、なんというサッカー脳であることか。攻撃への貢献という意味では、これ以上ないPK奪取だったと思う。タッパもありCBもSBもこなせるとなれば、今後3-4-2-1と4-2-3-1をゲーム中に使い分けたりするとき、丸を入れておくと非常にスムースに移行できることになる。怪我人が多い中、これは大いなる発見であろう(ムックンも北斗も、また厄介なライバルが出現したものであるよ)。

さて、実際3-4-2-1と清水の4-3-3とのかみ合わせはあまりよくなかった。サイドでの数的不利というのもあるが、両ボランチのカバー領域が増えて中盤を抑え切れなかったようにも見受けられた。これが、4-2-3-1(あるときは4-4-2の3ライン)に変えて、かなりコンパクトになり、2ボランチのボールホルダーに対するアプローチが改善されると、徐々に主導権を握れるようになった。采配の重要性を再認識させられたゲームである。

攻撃面では1点目の形がひとつのパターンとして確立しつつある。後半にも陽平が右にでたルーコンにパスを出して、ルーコンが最深部から折り返したのを陽平がそのままシュートするシーンがあった。これは山本に見事にセーブされたが、この最深部までえぐってマイナスクロスは今一番流れの中で得点の可能性の高いプレーだろう。左右両方で形が作れるようになると、得点力は相当上がると思われる。

まぁ、ホームで勝てたのは行幸。アウェーで引き分け以上ならファイナル進出が決まる(過去準決勝まで行った年は2回とも優勝しているので、もはやカップは東京のもの?)。 2ndレグ、0-0でOKなアウェーゲームをどんな風にマネジメントするのか、これまた見どころはポポさんの采配になりそうだな。

|

« ファンタジーサッカー2012 第24節レビュー | Main | 生きる悪知恵 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55593578

Listed below are links to weblogs that reference 高材疾足:

« ファンタジーサッカー2012 第24節レビュー | Main | 生きる悪知恵 »