« ファンタジーサッカー2012 第27節 | Main | 火星年代記 »

September 30, 2012

外人部隊

FC東京2‐1磐田

ここのところ助っ人不発が続いていたので、前線が外国人選手で占められる状況にはちょっと戸惑いを感じてしまった。アジア枠を含め4人全員がピッチに立ったのは、FC東京の歴史においてもこれが初めてではないだろうか。東京は下部組織にも力をいれ、それなりに内部昇格者もいて、外からも有望な若手を採用し、日本人選手をうまく活用し育成している印象が強かったのだけれど、今のチームの前を牽引しているのは結局オーバー30の外国人(唯一国産のナオもO-30だしw)だった、という厳然たる事実を突きつけられ愕然とする。久々に出てきたムックンはルーコンとの意思疎通が上手くなく、攻守にいいところがなかった。キャプテン梶山も、前半の磐田の激しいプレッシャーに曝され精彩を欠き、削られたこともあったのかボランチに下がってもミスを連発し、ピッチを途中で去ってしまう。勝ったことは喜ばしいが、本当にこれでいいのかという思いもある。

ゲーム序盤から磐田は前線から激しいプレスをかけてきた。4‐3‐3の3ラインでフルコートに近い。この網の目にはさすがにパスは繋がらず、ロングボールで対抗せざるを得なくなる。そんなこんなで先制を許し、厳しいなぁと。磐田はすごく基礎的なスキルが高かったし、その上この運動量なら、まぁ、そうなるよなと。とはいえ、これが本当に90分続くのかという疑問も同時に湧いた。その疑問の通りの結果になった訳で、あきらめないことが大事ということも改めて教えられたゲームでもあった。実際終了間際に徳が足をつってしまったし、ホイッスルがなった瞬間にムックンとナオが崩れ落ちていた。ギリギリまで戦っていたね。

ターニングポイントは幻に終わった磐田の2点目。あれがゴールだったら完全に負けていた。それにしても、あそこで駒野をフリーにしてしまう守備は不味すぎる。検証して欲しいポイントだ。攻めの部分は、久々にナオのクロスから点が生まれた。あのタイミングは絶妙だった。守備が揃う前に入れるから、得点の確率も上がるのだ。もう一つは千真のボックス最深部からのマイナス。これは磐田のディフェンスが全く動かなくなっていたところが大きい。完全に電池切れ。ネマニャは攻めに関しては梶山よりは嗅覚がある。やっぱり前の選手は点が取れないとね。ナオのシュートもクロスバーだったし。助っ人ばかりが活躍するのは面白くない。特に前の若者たちには奮起を促したいね。

【付記】ドロンパ、お誕生日おめでとう。誕生日のお祝いメッセージがJ2ばかり?だったのは何故?J1のお友達はまだできないのか心配です。

|

« ファンタジーサッカー2012 第27節 | Main | 火星年代記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55779898

Listed below are links to weblogs that reference 外人部隊:

« ファンタジーサッカー2012 第27節 | Main | 火星年代記 »