« August 2012 | Main | October 2012 »

September 2012

September 30, 2012

外人部隊

FC東京2‐1磐田

ここのところ助っ人不発が続いていたので、前線が外国人選手で占められる状況にはちょっと戸惑いを感じてしまった。アジア枠を含め4人全員がピッチに立ったのは、FC東京の歴史においてもこれが初めてではないだろうか。東京は下部組織にも力をいれ、それなりに内部昇格者もいて、外からも有望な若手を採用し、日本人選手をうまく活用し育成している印象が強かったのだけれど、今のチームの前を牽引しているのは結局オーバー30の外国人(唯一国産のナオもO-30だしw)だった、という厳然たる事実を突きつけられ愕然とする。久々に出てきたムックンはルーコンとの意思疎通が上手くなく、攻守にいいところがなかった。キャプテン梶山も、前半の磐田の激しいプレッシャーに曝され精彩を欠き、削られたこともあったのかボランチに下がってもミスを連発し、ピッチを途中で去ってしまう。勝ったことは喜ばしいが、本当にこれでいいのかという思いもある。

ゲーム序盤から磐田は前線から激しいプレスをかけてきた。4‐3‐3の3ラインでフルコートに近い。この網の目にはさすがにパスは繋がらず、ロングボールで対抗せざるを得なくなる。そんなこんなで先制を許し、厳しいなぁと。磐田はすごく基礎的なスキルが高かったし、その上この運動量なら、まぁ、そうなるよなと。とはいえ、これが本当に90分続くのかという疑問も同時に湧いた。その疑問の通りの結果になった訳で、あきらめないことが大事ということも改めて教えられたゲームでもあった。実際終了間際に徳が足をつってしまったし、ホイッスルがなった瞬間にムックンとナオが崩れ落ちていた。ギリギリまで戦っていたね。

ターニングポイントは幻に終わった磐田の2点目。あれがゴールだったら完全に負けていた。それにしても、あそこで駒野をフリーにしてしまう守備は不味すぎる。検証して欲しいポイントだ。攻めの部分は、久々にナオのクロスから点が生まれた。あのタイミングは絶妙だった。守備が揃う前に入れるから、得点の確率も上がるのだ。もう一つは千真のボックス最深部からのマイナス。これは磐田のディフェンスが全く動かなくなっていたところが大きい。完全に電池切れ。ネマニャは攻めに関しては梶山よりは嗅覚がある。やっぱり前の選手は点が取れないとね。ナオのシュートもクロスバーだったし。助っ人ばかりが活躍するのは面白くない。特に前の若者たちには奮起を促したいね。

【付記】ドロンパ、お誕生日おめでとう。誕生日のお祝いメッセージがJ2ばかり?だったのは何故?J1のお友達はまだできないのか心配です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2012

ファンタジーサッカー2012 第27節

川崎と名古屋中心に組みますた。川崎は一抹の不安があるんですが、まぁあのサッカーならホームだし(半分諦めてる)サポーロには勝てるでしょう。あと、新潟のボトムズパワーがどれほどのものか。前節ヤンツーの発言からも、チームは結構追い込まれている感が強く、この降格プレッシャーがプラスに出るかマイナスに出るかで、結果はだいぶ違ってきます。が、マイナスに出るのではないかと予想。ここで落とすとかなり難しい状態に陥るでしょう。

Continue reading "ファンタジーサッカー2012 第27節"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2012

ファンタジーサッカー2012 第26節レビュー

柿谷のピンポイントは正解でしたが、その他がボロボロ。スコアラーの予想は相変わらず難しい。勝敗も大事な要素ですが、選手個々にもう少し寄らないとYahooは点が出ませんね。反省としては、カードの選択で鳥栖をもちょっとクローズアップできればよかったかな。大宮とガンバはそこまでとは想像もつかなかったです。やはりボトムズパワーは侮れない。ただ、波があるのでこの結果をそのまま信じてはいけないのが厄介なところ。

Continue reading "ファンタジーサッカー2012 第26節レビュー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2012

油断大敵

FC東京1‐2川崎

コラシコでつばさ君がハットを決めて勝利したから、トップも続けるかなと思ったけれど、そうは甘くなかった。ゲームとしてはあまり負けた感はなく、相変わらずなんで点が入らんのかというもどかしさだけが募る、これまたストレスフルな展開だった。まぁ、今年のアウェー(等々力)はホーム側としてはありえない負け方をしたので、そのお返しと言われてしまうとしゃーなしだなという思いもある。点は川崎のセットプレーを除けばいずれもショートカウンター。繋いでポゼッションで攻撃的にと謳っている両チームにして、結果はこういうことなんだから、拙い同士が今できることを一生懸命やったというところだけが救われる部分なんだろうな。

とはいえ、前半パワーがあった時間帯、東京の攻撃に縦へのスピードがかなり出てきたことは評価できる。川崎の中盤の緩さもあったけれど、ワンタッチパスの連続で一気にシュートまで持っていけるだけのコンビネーションがやっと出来てきた。あとはフィニッシュのアイディアと精度だ。このゲームも前半で1点決まっていれば全く違う展開になっていたはずで、返す返すも陽平の無回転シュートが惜しかった。

後半立ち上がり、アーリアが狙われて高いところでボール奪取されたために先制点を許したわけだけれど、前半の川崎のチェックの緩さに油断したのかもしれない。その油断を引き出すための前半だったとしたら、それは相当八宏は大したものだと思うけれど、実際のところどうなんだろうか。アーリアは相変わらず雑だわ。2点目は集中力の欠如。憲剛は察知していたのかも。これも油断だわな。ルーコンのシュートがバーに嫌われたりで、勝利の女神は横向いたままだった。ただ、悲観することはなく、一部ブーイングしていたみたいだけど、そこまで酷い内容でもなかった。おそらく、露骨な川崎の時間稼ぎに対する苛立ちを自軍にぶつけるしかなかったということなのだと思う。そういえば、川崎ってあんなにせこいチームだったっけか。まぁ、勝点的に順位的にあまり余裕がないというのは分かるにしても、ちょっと汚いというか見苦しいぐらいの態度をとるとはちょっと意外な感じだったし、敵ながら情けない。川崎ってもっと真面目なチームだと思ってた。

川崎サポがコレオとビッグフラッグを持ち込み、20回大会に華を添えてくれたが、ホストのホーム側は大したこともせず、4万人集客も結局届かずじまい。ピッチの外で、初めから負けてたのかもしれない。動員をかけて初めて見る人たちも大勢いただろう。負けはしたけれど、終盤それなりの盛り上がりは見せたし(劇場化は出来なかったけど)、ひとつひとつ積み上げていくしかないね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2012

ファンタジーサッカー2012 第26節

今節は仙台、名古屋、磐田と我が軍というあたり。名古屋は熊とのホームでの相性は悪くないし、ここで負けると名古屋も終戦宣言しないといけないので、気合入れてやってくるでしょう。見ものといえば、札幌と大宮かな。とはいえ大宮には張れないですね。あとチョイスはしませんでしたが、鳥栖はやりそうな気がします。
Yahooは予算が厳しく、我が軍の若者を入れたために結果的に人数が一番多くなってしまい、仕方なしに勝負チームに設定。miniはスコアラー予想が鍵なんですが、なんかあんまり点の臭いしませんねぇ。柿谷は今節はちょっとしたモチベーションがあるらしいですよ。

Continue reading "ファンタジーサッカー2012 第26節"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2012

ファンタジーサッカー2012 第25節レビュー

柏にウエイトを乗せた割りにポイントは伸びず。那須はまったく情報なしでした。スコアラー欠乏症でス。
miniは第3クール終了で、前2クールよりも最終順位は伸びましたが、昇格には遠く及ばず。単純にポカした節がなかっただけで、月並みな点ばかり。とにかく今年に入ってminiは3桁が一回もないのが情けない。

Continue reading "ファンタジーサッカー2012 第25節レビュー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2012

ファンタジーサッカー2012 第25節

いよいよラスト10です。今節は首位攻防戦のほかにも裏天王山が1試合組まれています。軸は柏において、ボトムズ決戦でガンバをピックアップしました。信頼性は低いんですけどね。新潟の堅守にあってカウンターに沈む可能性も高い。対戦成績でみると大宮も買いではありますが、鳥栖との関係が今年1年でまったく逆転してしまったので、おそらくデータは信用できないでしょう。レアンドロの出場がどうだかよく分からなかったのですが、ちょっと賭けに出ました。

Continue reading "ファンタジーサッカー2012 第25節"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2012

るろうに剣心

武井咲のきりっとした眉毛がかわいいでござるよ。

Continue reading "るろうに剣心"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2012

交通事故

天皇杯2回戦
FC東京0-1横河武蔵野FC

やちまっただよ、塩。元々ハイボールの処理は苦手にしていたが、あの目測の誤りはプロとしてちょっと恥ずかしい。権ちゃんだったら、という思いもなくはないが、あれだけ攻めて点が入らなかった報いと諦めるほかない。あのFK、蹴った本人はミスキックだったと言っているらしい。ラッキーパンチにもほどがある(苦笑)。今回は久しぶりにG裏で見ていたのだけれど、入った瞬間は何とも微妙な空気だった。ケツかっちんだったので選手挨拶まで居られなかったが、G裏の反応はブーイングだったんだろうか。

ポポさんが町田を率いていたときの横河との相性は良くなかったらしい。構図として、横河が引いて守りカウンター狙いというのは、戦前から想定されていたことだ。だから、前半に点が入らないと苦戦することも予想されていて、その心配が現実となってしまったゲームだった。前半の問題は、相手の5バックにサイドが上手く使えず、攻めが中央に偏重したこと。ポストがないので裏狙いになるが、キッチリ着かれてしまっては何もできない。シュートも打てないからCKも取れなかった。セットプレーでゴリゴリやれば、1点ぐらいなんとかなったんじゃないかと悔やんでみる。ネマはそれほど期待できるプレーヤーとも思えないのだが、G裏には結構人気があるみたいだ。

前半打開策が見出されないまま、後半頭からネマに代えて陽平投入。これで俄然前線にタメができて、ハーフコートゲームの様相を呈する。前半に比べ、ボランチ2人の位置が明らかに高くなった。さらにルーコンを投入するのだが、このとき個人的に千真を下げるべきではなかったかに感じた。ひとつはポストとして機能していないこと、ひとつは狭いスペースで自らシュート体制を整えることができていなかったこと。だから、てっきりルーコンをトップに据えるものと思っていたので、ちょっと疑問だった。結果論かもしれないけれど、ゴリゴリやり続けてやっと巡ってきたフリーのシュートチャンスをフイにしたのは千真だったし、あのシーン、ルーコンとポジションがかぶっていた。整理されていれば、果してどうなっていたか。微妙なかけ違いが大きく結果に作用してしまった。

まぁ、ジャイキリとはこんなもの。ブログを読むとナオは結構深刻に受け止めているようだ。そりゃそうだろう。相手はアマチュアなんだからね。でも、正直あのサッカーを続けていたとしても、ほとんど横河に勝ち目はなかった。東京のカウンターへの対応もしっかりしていたし。「万が一」のその「一」が起きたということ。横河のディフェンスは本当に堅かった。そこは相手を褒めるべきだと思う。切り替えて、ナビスコとリーグに集中集中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2012

生きる悪知恵

Photo生きる悪知恵/西原理恵子

文春新書 ISBN978-4-16-660868-3

帯のタタキは「史上最強の人生指南書 サイバラ、新書初登場!」と力が入っているが、中身は大したことはない。マンガ家西原理恵子が老若男女一般人60人のいろいろな相談に答えている(シャレで漫画家などリエコ姫の5人のお友達の愚痴にも答えている)。その返しの軽妙さを楽しむのが基本だろうか。人の人生を笑うなら、WEB読売・大手小町の「発言小町」に寄せられるトンデモ相談と、それをぶっ叩きまくるレスを眺めていたほうが安上がりでいいし、こんな人が世の中にいるんだとか、こんな考え方をする人もいるんだとか、いろいろ勉強になる。幸い自分の周りには発言小町に登場するような人は見かけないので安心するのだが。

Continue reading "生きる悪知恵"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2012

高材疾足

ナビスコ杯準決勝1stレグ
FC東京2-1清水

丸山があんなにスキルフルでクレバーな選手だったなんて知らなかった。何でもっと早く使わなかったんだろうか。3バックが機能しないと見るや、前半32分にソータンを入れて4-2-3-1(実際は陽平がほとんどトップの位置からチェイスしていたので4-4-2だった)にシフトチェンジしたのが奏功して主導権を奪い返したが、ここは流石ポポさんの采配がお見事だった。で、ここでご当人も交代させるメンバーを丸にするかムックンにするかで悩んだそうだ。そして、残した丸が予想以上の活躍を見せるのだから、ポポさん冴えまくってたな。

素晴らしかったのは、本職のCB(3バック)のときより4バックにしたあとの左SBとしての動きで、ディフェンスとしての働きは当然のことながら、ボールのつなぎや扱いが安定していて、かつ攻め上がりについても機を見て敏なり、タイミングがいいし結構大胆な動きを見せた。最深部からクロスも上げたし、ルーコンに出したラストパスなんかも相当センスを感じさせるものだ。ムックンもゴール前まで突入していくプレーは得意とするが、それをいとも簡単にコピーしてみせるとは、なんというサッカー脳であることか。攻撃への貢献という意味では、これ以上ないPK奪取だったと思う。タッパもありCBもSBもこなせるとなれば、今後3-4-2-1と4-2-3-1をゲーム中に使い分けたりするとき、丸を入れておくと非常にスムースに移行できることになる。怪我人が多い中、これは大いなる発見であろう(ムックンも北斗も、また厄介なライバルが出現したものであるよ)。

さて、実際3-4-2-1と清水の4-3-3とのかみ合わせはあまりよくなかった。サイドでの数的不利というのもあるが、両ボランチのカバー領域が増えて中盤を抑え切れなかったようにも見受けられた。これが、4-2-3-1(あるときは4-4-2の3ライン)に変えて、かなりコンパクトになり、2ボランチのボールホルダーに対するアプローチが改善されると、徐々に主導権を握れるようになった。采配の重要性を再認識させられたゲームである。

攻撃面では1点目の形がひとつのパターンとして確立しつつある。後半にも陽平が右にでたルーコンにパスを出して、ルーコンが最深部から折り返したのを陽平がそのままシュートするシーンがあった。これは山本に見事にセーブされたが、この最深部までえぐってマイナスクロスは今一番流れの中で得点の可能性の高いプレーだろう。左右両方で形が作れるようになると、得点力は相当上がると思われる。

まぁ、ホームで勝てたのは行幸。アウェーで引き分け以上ならファイナル進出が決まる(過去準決勝まで行った年は2回とも優勝しているので、もはやカップは東京のもの?)。 2ndレグ、0-0でOKなアウェーゲームをどんな風にマネジメントするのか、これまた見どころはポポさんの采配になりそうだな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2012

ファンタジーサッカー2012 第24節レビュー

勝利チーム中心に選べていた割りにポイントは伸びず。ひとつはナオの欠場、ひとつはスコアラーの的中不足。ルーコンの名前が出てこなかったのが痛恨ですよ。バトルリーグも初めて敗退でした。今節は予想が難しかったですが、その中でやはりというか、脚はまだ信頼しちゃいけない状態のようですね。
残り10節になったので、ボトムズの今後についてちょっと触れておきましょうか。

Continue reading "ファンタジーサッカー2012 第24節レビュー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2012

ダークナイトライジング

前作の8年後、ブルース・ウェインは最愛のレイチェルを喪い、失意のうちに屋敷に閉じ込もったままだった。しかし、メイド(キャットウーマン)に自分の指紋を盗まれたことをきっかけに、再びバットマンとして悪に立ち向うのであった。中身的には、シリーズ一作目「バットマンビギンズ」を引き継ぐ物語が展開されていく。(ネタバレ)

Continue reading "ダークナイトライジング"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 02, 2012

現実路線

FC東京3‐1横浜FM

けが人などの問題もあり3‐4‐2‐1を採用したとポポさんは言う。で、内容的には良かったと。1点目は相手のミスから。2点目はショートカウンター。3点目は千真の突進で得たFK。ポゼッションして崩しきった感じは全くない。横浜の点の方がよほど崩した感がある。90分通じて横浜の方が支配的だったし、特に前半は押し込まれてセカンドボールもコントロールされて、コーナーに逃げるのが精一杯という時間帯も長かった(とはいえ、横浜がミスから先制されてからしばらくは明らかに動揺しているのがスタンドからもわかった。やっぱりメンタルは大きい)。後半はリードしたのでブロックを作って守りから入ったし。それにしても5バックは強烈だったな。監督の評価とは見た感じまったく違う印象のゲームだった。

守りではとにかく米が抜群だった。いたるところで潰しにかかる運動量とねちっこい守備は、横浜に押されていた時間が長かった割に、被決定機をほとんど作らせなかった要因の一つ(後半入ってきた俊輔をボランチに置いてくれたのも、東京にとってはありがたかった)。両ボランチの活躍あっての勝利だったように思う。ただ、2人ともパス精度がいまいち。特にアーリアはパスを含めてプレーが雑で、ここを直せばもっと良くなるのにと思う。そのアーリア、ロスタイムにマルキ?ともめてカレー券をもらい、次節は出場停止。この気性のむらっけも、プレーの精度と無関係ではないように思う。

にゅーさんがピッチに立ったのはいいニュース。3‐4‐2‐1であれば、2シャドーにはにゅーさんのようなプレーヤーの方がフィットすると思う。他方、両SHの徳とムックンは苦労していた。2点目は3‐4‐2‐1システムの利点が生きた点だったと言えるが、最終ラインから最前線のウイングまでを一人でこなすスキルと体力がないと、なかなか務まらないポジションだ。ただ、2人にとってさらに成長するチャンスだと思うから、頑張ってものにして欲しいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2012

シャドー81

81シャドー81/ルシアン・ネイハム 中野圭二訳
ハヤカワ文庫 ISBN978-4-15-041180-0

1975年に発表されたハイジャックを題材としたクライムアクション小説。ハイジャックといえば機内に武器を持ち込み、乗客を人質に要求を突きつけるのが常識的だが、ここにはまったく異なる形のハイジャックが描かれている。それは、飛行する民間機の後方から戦闘機がミサイルで狙い撃墜すると脅す形で乗客乗員を人質に取る方法だ。犯人は自らを飛行機の背後にいる者〝シャドー81〟と名乗る。(ネタばれ)

Continue reading "シャドー81"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2012 | Main | October 2012 »