« ダークナイトライジング | Main | 高材疾足 »

September 05, 2012

ファンタジーサッカー2012 第24節レビュー

勝利チーム中心に選べていた割りにポイントは伸びず。ひとつはナオの欠場、ひとつはスコアラーの的中不足。ルーコンの名前が出てこなかったのが痛恨ですよ。バトルリーグも初めて敗退でした。今節は予想が難しかったですが、その中でやはりというか、脚はまだ信頼しちゃいけない状態のようですね。
残り10節になったので、ボトムズの今後についてちょっと触れておきましょうか。

【Yahoo】
GK権田(東京)…7Fp
DF加賀健(東京)…8Fp
DF鎌田(仙台)…8Fp
DF上本(仙台)…6Fp
DFパクチュソン(仙台)…7Fp
MF石川直宏(東京)…0Fp
MFリャンヨンギ(仙台)…13Fp
MF倉田(G大阪)…1Fp
MF梶山(東京)…7Fp
FW赤嶺(仙台)…3Fp
FW前田遼(磐田)…5Fp
合計65Fp 通算1925Fp
6524位/108403(↓288)

【mini】
GK権田(東京)…6fp
DF上本(仙台)…7fp
DF岩政(鹿島)…8fp
DF鎌田(仙台)…7fp
DFパクチュソン(仙台)…7fp
MF遠藤保(G大阪)…2fp
MF石川直宏(東京)…0fp
MF梶山(東京)…3fp
MFリャンヨンギ(仙台)…10fp
FW前田遼(磐田)…2fp
FW赤嶺(仙台)C…3fp
合計58fp 通算460fp
チーム時価 +1370
144位/437 関東リーグ

折り返しから8試合、勝ち点の積み上げでは脚が一番良かったわけですが、白鳥、桜も頑張っているので、抜け出すところまでは到底届かない。クルピが復帰した桜が膝下ぐらいまで浮上してきた感じで、残る2議席を巡って栗鼠、白鳥、脚の三竦みになりそうな気配です。実際、栗鼠と白鳥にご丁寧に勝ち点3をくれてやり、混戦に薪をくべたのは我が軍ですが何か。

3チームの中では、栗鼠の勝ち点化率が一番低く、趨勢ではいよいよ栗鼠が降格の憂き目に遭いそうな匂いが漂ってきていますが、まぁ、ボトムズ争いでは百戦錬磨、一日の長が有るチームだけに、まだまだ予断は許しませんな。一昨年の我が軍で経験してわかったんですが、戦力的には優位だろうという予想はまったく何の意味もなさないということです。後ひとつ勝てばいいのに、そのひとつが勝てなくなるのがボトムズの怖さ。押し迫るほどに、このプレッシャーの呪縛から逃れるのは困難になっていくようです。7-2で勝った後で、1-4で敗戦するような状態なんですから、追い込まれたとき一番崩れやすいのは脚じゃないでしょうか。経験者である今ちゃんは肝心なところで機能しますかねぇ。

|

« ダークナイトライジング | Main | 高材疾足 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55573631

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー2012 第24節レビュー:

« ダークナイトライジング | Main | 高材疾足 »