« ファンタジーサッカー2012 第19節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012 第20節 »

August 02, 2012

専守防衛は日本のお家芸

ロンドン五輪グループD

日本五輪代表0-0ホンジュラス五輪代表

もしかしたら1.5軍なのかというぐらい、これまでの2試合とまったく違うチームになってしまった印象が強すぎて、面食らってしまった。それにしても、関塚采配には驚かされる。引き分けで良いという割りきりがあるためなのか、だめもとで試してみるか的前線の組み合わせはまったく機能せず。目立つのは大津ばかりで、杉本は収まらないし、宇佐美はどっかいっちゃってたし、斎藤は仕掛けては取られるの繰り返し。最後清武と永井が入っただけで攻撃が活性化したのには、流石レギュラー組と感心させられたとともに、ちょっとばかし呆れてしまった。これってもしかしてスタメンワンパターンでしか機能しないチームなんじゃないの。

大幅に入れ替えたといっても、肝心のバックラインは徳の代わりに村松を入れただけ。攻め上がりはまったく想定していない布陣(村松自身は意識して上がったりもしていたが)。ボランチも山口を残し、山村をペアに組ませた。守備はこれまでのリズムを最低限維持しつつ、徳と扇原を休ませるという選択だ。つまり、0で抑えて点が入れば儲けものぐらいのフォーメーションだったわけだ。こうした思惑から見れば、まず引き分けという最大のミッションはコンプリートしたし、出場のなかった選手たちはGKの安藤を除いて全員ピッチに立ったし、壮行試合でトラウマを負った村松は、比較的怪我のないSBでリハビリさせることができたし、前の3人についての調子の見極めもできたし、関塚さん的には100点満点のゲームだっただろう。

個人的な見立てとして、宇佐美はこのあとは難しいだろうなというのが率直な感想。ボールは取られる、前へ出ない、守備はタラタラでは使えんだろ。山村は評価が分かれるが、あの球際の弱さとダッシュの利かない寄せが直らないと、深いところで使うのは不安一杯。ほんとヨネを行かせてやりたかった。村松は疲労交代守備要員ということか。いずれにしろベストメンバーはほぼ固定されている。残り3試合、どこまでごまかしながら行けるかだな。チームとしては伸びきっているし、点がほとんど取れていないという厳然たる事実が五輪代表のゆく手を阻んでいる。おそらく先制されたら終わりだろ。だから、前半は凌いで、後半立ち上がりでプレッシャーを掛け先制して逃げ切る。このパターンしかないだろうなぁ。キーポイントは、大津と永井の疲労度だ。「戦術永井」が下手すると「戦略永井」になりかねない。

エジプトはまだラマダンらしいし、トゥーロンでは日本もメンバーが揃っていなかったし、可能性は十分ある。いずれにしても、しっかり前から守ってカウンターという戦い方は変わらないだろう。これからは総力戦。勝たないとしょうがないんだから、出し惜しみなんてしてる余裕はないよ。

|

« ファンタジーサッカー2012 第19節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012 第20節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55336219

Listed below are links to weblogs that reference 専守防衛は日本のお家芸:

« ファンタジーサッカー2012 第19節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012 第20節 »