« ファンタジーサッカー2012 第21節 | Main | 昇格請負人? »

August 11, 2012

底が割れたチーム

ロンドン五輪3位決定戦

日本五輪代表0‐2韓国五輪代表

正直2点目が入った段階でテレビを消して寝ました。どう考えたって逆転まで行ける状況ではなかった。実際そのままだったし。1点ぐらい入れてくれていればまだ救いもあったけれど、無抵抗で完敗では情けがなさすぎる。

結局これは意趣返しなのですよ。縦ポンサッカーにカウンターサッカー。実にオーソドックスで、中盤を売りにしているチームを封じる常套戦術です。これに見事にはめられてしまった。流石ミョンボ、良く日本を解ってる。ゴールへ向かうベクトルの強さとスピードで、韓国は圧倒的だった。モヤモヤし続けたアジア予選を再現しているだけなんです。何にも成長していない。

ベスト4という結果は、傍から見れば立派な成果といえるだろうけれど、ダメダメのスペインやラマダンのサポートがあって得られた結果であり、果たして中身があったかと言えばそんなことはないと思う。チームのスタイルが通用しない時はなすすべもないというチームづくりはやっぱりおかしい。このゲームにおいても、永井が機能していないならば、FWのセットは早いタイミングで替えないといけなかった。それができない指揮官でありチームであったのだ。

なでしこが全力を尽くしてアメリカを追い詰めた結果の「銀」に比べ、なんだかんだ絡んでくるうざったい隣国とアジア予選の決勝じみた戦いで、完膚なきまでに凹まされてメダルも無しという結果は、一般の人たちからみると男子サッカーはいまいちだなという印象を与えるだろうし、Jへの関心とスタジアムで見てみようかという気を消沈させてしまう効果は抜群ですよ。選手たちはベストを尽くしたとは思うけれど、結果は残酷です。客観的に冷徹に勝利を追求する意識とスキル(引き出し)が欠落していた指揮官に全てを台無しにされた気分だ。

そうはいっても、権ちゃんがいなければもっと点は入れられていただろうし、徳もよく頑張った。お疲れ様。ゆっくり休んでと言いたいところだが、我が軍もやりくりが大変で、早く戻ってきて欲しいよ。2人とも大宮戦には合流できるだろうか。冷静に見ると、やっぱりオリンピックのサッカーってプレゼンス低いなと改めて思う。欧州のファンたちの関心が低いというのもよくわかる。柏には行けず結果だけしかわからないけれど、なんとか上位陣と引き分けて繋いでいるから、まだまだACL圏内は狙える。世界大運動会の馬鹿騒ぎはこれまでにして、日常のリアリズムに、そして寝不足のない生活に戻ろう。

|

« ファンタジーサッカー2012 第21節 | Main | 昇格請負人? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55402826

Listed below are links to weblogs that reference 底が割れたチーム:

« ファンタジーサッカー2012 第21節 | Main | 昇格請負人? »