« ファンタジーサッカー2012 第20節レビュー | Main | 平穏無事  »

August 08, 2012

底の浅いチーム

準決勝 日本五輪代表1-3メキシコ五輪代表

なでしこが直前にフランスとやったのと裏返しの関係になってしまったのは皮肉なもの。メキシコは十分永井対策を考えてきた。それに永井本人も怪我のためにコンディションが不良と来れば、もはや日本がこれまで勝ってきた戦術は通用しないことは分かりきっていた。上手く行かない焦りがミスを誘発する(逆転を許したプレー、あれは権田が悪い)。最後はバラバラだった。

敗因は何かといわれれば、やはりチームマネジメントの失敗としか言いようがない。体力的に限界に近づいている状況で、これまでと同じことができない、通用しなくなったときにどうするか、まったく用意されていなかった。選手個々はできる、頑張れると当然思うだろうが、それを冷静に見極めディレクションするのは監督の役割だ。その意味で、ここに関塚さんの限界があったということ。馬なりにしか見えないというのはそういうことだ。前にも書いたが、このチームはスタメン固定・戦術固定のパッケージされたチームで、想定外のシチュエーションに対する対応力、柔軟性がほとんどない。これは経験値の問題として片付けてはいけない。準備の問題なのだ。山村や村松を頭から組み込まなかったことや、ジョーカーとしての宇佐美を結局使いこなせなかったことなど(杉本は育成要員だからよしとする)、行けるところまで行ってだめならしょうがない、そういうチーム作り、大会マネジメントだった。(そういえば、なでしこの場合も、川澄の疲弊具合が心配で、決勝のことを考えれば、本当はフランス戦は川澄を休ませるべきだったのかもしれない。とはいえ、負けてしまえばそこで終わりだから、なかなかそういう決断は下せないというのも分かるのではあるが、後半早いタイミングでたとえば高瀬に代えるとかなかったのかなぁ…)

とはいえ、この成績は立派なものだ。ベスト4までこれたのは、なにより選手個々のポテンシャルが非常に高かったからであり(大津が決めた一発は、彼個人のキャリアに大きくプラスに働くはず。新しいシーズンをもっといいポジション(BMGに残るにしろ出るにしろ)でスタートできることを切に願う)、そこは日本人としてとても誇らしく思うが、一方で指導者のクオリティの低さがあからさまになってしまった。本当に優勝したいのであれば、次は外国人監督に任せるべきだと思う。

さて、負けても最後にもう一試合、一番厄介なうざったいゲームが残ってしまった。本当にうざったい。意地を見せて欲しいのだが、どこまでモチベーションが残っているかね。これまでの活躍を濁すようなことだけはせんでくれ。それだけ。

|

« ファンタジーサッカー2012 第20節レビュー | Main | 平穏無事  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55377381

Listed below are links to weblogs that reference 底の浅いチーム:

« ファンタジーサッカー2012 第20節レビュー | Main | 平穏無事  »