« 平穏無事  | Main | ファンタジーサッカー2012 第21節 »

August 10, 2012

足りなかったもの

ロンドン五輪女子サッカー決勝
アメリカ女子五輪代表2-1なでしこ

真奈のシュートが決まっていたら、当然結末は変わっていたかもしれないけれど、逆に決まらなかったほうが良かったんじゃなかろうかとも思える。真奈があの土壇場で放ったシュートをソロが止めたという衝撃は、彼女やなでしこをさらに高みに引き上げるモチベーションになっていくからだ。歴史は連綿と受け継がれていく、その因縁のようなものなのだ、あのシュートは。おそらくLリーグであればサイドに決まっていた確率が高い。しかし、世界のトップクラスはあれを止める。もっとサイドの上を狙い、できれば軽く巻くような回転も付けられれば間違いなく決まっていただろう。そんなシュートはJでもいやというほど見てきている。女子でも、そういうレベルにたどり着かないといけない時代に入ってきている、そういう印象を強く持ったシーンだった。

実際、一昔の女子の試合のパススピードとは隔世の感がある。トラップもしっかり一発で収めるし、ちんたらやっているJのチームよりよほどハキハキしていて小気味いい。それに、アメリカとの差も着実に縮まってきていると思う。先のW杯では、やはり終始圧され気味で、間隙を突いて点を奪うほかないような状況だったように記憶している。しかし、今日のなでしこは、アメリカのフィジカルコンディションの兼ね合いもあろうが、しっかり自分たちの時間を作り、自分たちのペースで攻撃を繰り出し、何度もゴールを脅かした。ソロの実力を織り込んでも、決まらなかったのは(PKも含めて)ちょっとした運の差だけだった。ディテールにおけるクオリティのちょっとした差だった。負けはしたけれど、たった1年でアメリカとサッカーの中身で、本当の意味でガチで勝負することができたことに大きな満足感を覚えるのだ。

そして、なでしこの五輪における戦いの意味は、ゲーム後の澤と宮間の態度に如実に表れていた。澤は最後に大儀見のゴールに絡んだが、終始控えめでW杯で見せたような輝きは見られなかった。ゲーム後もなんとなく淡々とした燃え尽きた感が見て取れた(それはフランス戦終了からずっとのようにも見えた)。一方の宮間は、それまでキャプテンとして毅然としていたが、ゲーム終了とともに猛然と泣き始めた。金に届かなかった悔しさは、彼女が一身に背負った格好だ(真奈もあのシュートに責任を感じているようだ)。これは日本女子サッカーのステージの転換点であり、世代交代のセレモニーだったのかもしれない。W杯では日本の優勝はある意味驚きだったが、今回の銀メダルによって真の地力有るチームとして世界のトップ4に君臨するポジションを確立した。今後世界の競合国と勝った負けたを繰り返す女子におけるサッカー大国として日本を世界に知らしめた大会、紀元前から紀元後へ、ロンドンはそんな歴史的な大会として記憶されるのだ。サッカーフリークにとっては、メダルの色がどうであることより(当人たちには当然こだわりはあるだろうが)、日本の女子サッカーが世界の強豪国として定着したことのほうがよほど嬉しい。ありがとうなでしこ。お疲れ様なでしこ。

さて、この競合国というポジションを維持するために、協会もいよいよ本腰入れて女子サッカーに取り組む必要があるだろう。また、当然育成を考えたときに、女の子たちがサッカーをずっと楽しめる環境を作っていくことが望まれる。まずはユースあたりから、我が軍も考えてもいいときに来ているのではないだろうか。

|

« 平穏無事  | Main | ファンタジーサッカー2012 第21節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55391868

Listed below are links to weblogs that reference 足りなかったもの:

« 平穏無事  | Main | ファンタジーサッカー2012 第21節 »