« 永井という戦術 | Main | 専守防衛は日本のお家芸 »

August 01, 2012

ファンタジーサッカー2012 第19節レビュー

我が軍の体たらくの煽りを食ってポイントはYahoo、miniともにグダグダ。柏のふりかけでかろうじて残ったっていう感じ。完封試合が横浜だけ(掟により赤軍及び東京の対戦相手は使えません)だったので、DFには厳しい節になりました。一方で2得点以上のチームが8つもあり、今節は前で稼がないとだめでした。柏で田中と工藤の選択の差は非常に大きかったりします。チームを外しても、ピンポイントで回復させる手段はある。ただ、ビッグポイントの選手を的中させるのはなかなか難しいですがね。

【Yahoo】
GK塩田(東京)…6Fp
DF椋原(東京)…4Fp
DF田中マ(名古屋)…10Fp
DF中村北(東京)…4Fp
DF森重(東京)…4Fp
MF高橋秀(東京)…6Fp
MFジョルジ ワグネル(柏)…7Fp
MF石川直(東京)…3Fp
MF藤本淳(名古屋)…6Fp
FW田中順(柏)…3Fp
FW赤嶺(仙台)…8Fp
合計61Fp 通算1455Fp
8112位/106105(↓436)

【mini】
GK塩田(東京)…3fp
DF田中マ(名古屋)…8fp
DF森重(東京)…2fp
DF椋原(東京)…2fp
DFパク チュソン(仙台)…3fp
MF石川直(東京)…2fp
MF菅井(仙台)…4fp
MF藤本淳(名古屋)…3fp
MFレドミ(柏)…10fp
FW赤嶺(仙台)C…7fp
FW田中順(柏)…2fp
合計53fp 通算140fp
チーム時価 +1320
184位/437(関東リーグ)

さて、ロンドンのほうは男女ともグループリーグ勝ち抜けが決まってとりあえずめでたい。男子は最低引き分けというミッションがまだ残っているので上手く遂行して欲しいですね。ところで、なでしこののりさんは、2位狙いを公言しちゃいけませんよ。チームに対しては明言しておくべきでしょうが、今のタイミングで外に向かって言うことではない。終盤あからさまに後方でボール回ししたとしても、体力的に厳しかったとか、言い訳してでも引き分けの結果はあくまで努力の産物だったことにしておかないと。見る人が見れば分かることだし、変に言うことで、サッカーリテラシーのない人たちが騒ぎ出すかもしれない。余計な雑音を入れないためにも「カーディフが気に入ったんで、ここでもう一試合するのも悪くないと思いました」ぐらいのコメントでも出しときゃぁ良いんです。正直にもほどがある。

メダルを取るために戦略をめぐらすのは指揮官として当たり前のこと。どうも対戦相手以上に、移動の問題のほうが大きかったようですね。1位抜けしたほうが余計に移動しなければならず、フィジカル的に不利な状況になるような日程はどう考えてもおかしい。1位になるメリットがまったくない。引き分け狙いを云々言うのなら、その前に大会の運営を問題にすべきだな。

|

« 永井という戦術 | Main | 専守防衛は日本のお家芸 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55327539

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー2012 第19節レビュー:

« 永井という戦術 | Main | 専守防衛は日本のお家芸 »