« ファンタジーサッカー2012 第16節 | Main | ファンタジーサッカー2012 第16節レビュー »

July 03, 2012

ユーロ決着

スペイン代表4-0イタリア代表

このサッカーが現代の最も強い形であることが証明された大会でした。ポゼッションでの攻撃以上に注目すべきは守備です。決勝までの6試合通じて失点は初戦のイタリア戦の1のみ。攻守の切り替えの速さと共に、中盤での読みによるパスカットや寄せの速さによるなど、ボールを奪還する力が素晴らしかった。そこから繰り出されるショートカウンターは威力抜群。決勝でも遺憾無く発揮されました。とにかく取られないし、流れでここはセンタリングとかサイドに開くパスとか予想するのをことごとく裏切るプレーを選択する選手たちの感性に脱帽するばかりでした。パスのスピード、強いパスもきっちり収めるトラップ技術、囲まれても冷静にコースを見つけ最適のパスを送る視野の広さ、全てが完璧でしたね。

イタリアは中2日がコンディショニングにかなり影響していたようで、3人交代したあとでの負傷退場により、ほぼ勝ち目はなくなってしまいました。前半いくつか決定機は訪れたけれど、枠に飛ぶことはなかった。ここで決まっていたら多少は違っていたかもしれないが、ちょっと、このゲームでのイタリアは悲しかった、というか痛々しかったな。とはいえ、ファイナリストとして立派に戦ったと思います。

これでスペインがW杯優勝を挟んでユーロ連覇。このスタイルが今の最強ということになるわけで、東京もおそらくコンセプトとしてはここを目指そうとしていると解釈するのです。そのとき、本当にこのレベルが出来る訳もないのだけれど、このゲームに埋め込まれているエッセンスの少しでも取り込むことができれば、ずいぶんとチームは進歩するのではないだろうかと妄想したりするのです。ポイントはやはりリスクをどこで負うのかということ。そしてそのチャレンジに打ち勝てるような技術を個々が磨いていくということなんでしょう。特に、イニエスタやセスクや前線のプレーヤーの肝はドリブルです。仕掛けるタイミングやコース、そして取られない。ドリブルでラインをブレークしてボックスに侵入し、守備網を混乱に陥れる。スペインの先制点なんかが理想型ですね。あそこまで入れれば、もはや守備のスペースはなくなる。

磐田戦は全く見ていないし情報もないですが、ポポさんの試合後の会見なんかを読むと、いつも通りの話で、今日は出来なかった日だということ。河野がゴールを決めたのはいいニュースかもしれない。彼はできればトップに置きたいね。とにかくボックスの近くで仕掛けていくことに専念させたい感じだ。まぁ、ユーロはこれで終わりだけれど、我々の日常=Jリーグは真っ最中。ユーロのいいイメージが選手たちにもいい影響を及ぼすことを願って、今週末も味スタで会いましょう。

|

« ファンタジーサッカー2012 第16節 | Main | ファンタジーサッカー2012 第16節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55107673

Listed below are links to weblogs that reference ユーロ決着:

« ファンタジーサッカー2012 第16節 | Main | ファンタジーサッカー2012 第16節レビュー »