« ファンタジーサッカー2012 第19節 | Main | 永井という戦術 »

July 29, 2012

虎穴虎子

FC東京0‐2新潟

夏の夜の花火は徒花。ヤンツーのゲームプランが見事だったというだけ。しっかりブロックを作って、バイタルを絞って、ほぼマンマーク的に守られると、東京の攻撃は窒息状態。打開しようにも選手が動かないからボールも回らず、困って出したパスをカットされたり、もたもたしたところを詰められてボールを奪われて、全くいいところなしだ。カウンターを食らうのは仕様だから仕方ないにしても、それにしてもやられすぎ。

打開する方法として、ひとつはラインの裏側の攻略がポイントなんだけれど、そのためには出し手と受け手の意思の疎通が必要で、これが技術―パスの精度も含めてまるでできていない。本当にどんな練習をしているのだか。この意味で、このチームには明確な出し手がいないのだ。終盤陽平が2列目に上がったことで光明は見えたのものの結実せず(行けそうな匂いがし始めたところでの2点目はほんと痛かった)。それに、彼の換えがいないのは相変わらずの課題だしね。

ナオはスペースがないと活きないし(一度だけダイヤゴナルランを見せたけど単発的だった)使われる側だから尚更。千真にしても、ボールを持って打開するプレーヤーではないから、いまのやり方だとこれも活きない。無駄走りしてスペースを作る動きもなくて、マークも剥がせない。秀人はちょっと勘違いしていやしないか。ボランチは後方でさばいていればいいポジションではない。こんな膠着した時ほど前へ出て、追い越したり、マークを引きはがしたり、ミドルを打ったりしなければならないのに、リスクテイクしたり献身的な動きがあまりに見られない。アーリアも視野が狭い。両SBも中途半端。どうせカウンターを食らうのなら、ゴールラインギリギリまで攻め込む覚悟でいかないと。エジは可能性は感じさせたものの、あそこは決めてくれないとなぁ。

工夫もせずビビってやられているからブーイングされるんだよ。あぁ、愚痴しか出ん。

|

« ファンタジーサッカー2012 第19節 | Main | 永井という戦術 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55304651

Listed below are links to weblogs that reference 虎穴虎子:

« ファンタジーサッカー2012 第19節 | Main | 永井という戦術 »