« サイドが鍵 | Main | ファンタジーサッカー2012 第19節 »

July 27, 2012

サッカーの日常

ロンドン五輪グループD

日本五輪代表1-0スペイン五輪代表

ボールポゼッションは圧倒しながら攻め倦み、セットプレー一発で敗れるゲームなんてこれまで何度もJで見てきたじゃないか。ついこの間も鳥栖で見てきたばっかりだよw。スペインとはいえ、EUROのスペインとは違うメンバーだし、コンセプトは同じでもクオリティはやはりU-23なのだ。スペインのブランドを過大評価しすぎ。このチームにはシャビやイニエスタやセスクはいない。だからJで見られることが起こりうる。奇跡でもなんでもなく、これはサッカーの日常風景。

彼我の能力差を考えれば、堅守速攻、前線からのプレスで奪えればショートカウンター、奪えなくともパスコースを限定し相手にいい形を作らせないという戦略を選択するのは至極当たり前のことだとは思うが(さらにその作戦を忠実に遂行した前の4人は、得点は奪えなかったが素晴らしいの一言)、そもそも、関塚さんはこういうリアクションサッカーはお手の物だし、アジア予選でやりたくもないポゼッションサッカーでもたもたやって批判されるのが歯がゆかったんじゃなかろうかw。守備に難のある宇佐美を外したのも合理的だし、永井のスピードと大津の持ってるものに賭けた攻撃布陣も理にかなっていた。あれだけ外すのは想定外だったろうけどね。とはいえ、選手交代は2人は負傷によるやむをえないもので、最後の一枚に山村を切ったところに一抹の不安を感じさせてしまう。なんかやらかすんじゃないかとヒヤヒヤしながら見ていた。大津に代わって入った斎藤はフィジカル不足を露呈してしまったが、替わりに入れられる選手がサブにいないのが致命的だ(斎藤、村松よりは原口、米本だったのではないかな。ただ、ヨネは無理だけど)。それに関連して、酒井宏樹の怪我の具合が心配だね。高徳を左にして徳が右に入ればまったく問題ないが、もしかしたら大岩呼ばれるかもしれない。まぁ、大会通じてこのスタイルを貫き通せるなら、結構いいところまでいけるんじゃないだろうか。南アフリカの再現だな。1位通過すれば決勝までブラジルと当たることはないだろうし、メダルもまったく可能性がないわけじゃない。お楽しみはこれからだ。

さて、うちの人たちですが、徳はよかったよね。派手さはなかったけど、攻守にしっかり機能していた。画面を通じて貫禄すら感じたよw。権ちゃんも守備機会らしいものもあまりなく、GKとしては美味しいところは全部デヘアに持っていかれてしまった。まぁ、権ちゃんが目立つ試合はあまりありがたくないので、このまま粛々といってほしいものだ(活躍しすぎてこのまま海外というようなことにならないようにという意味でも)。

閑話休題、ナビスコのトーナメントが始まった。コテンパンにやられた仙台ユアスタで、2-2のドローはまずまずの結果といえるけれど、2-0を追いつかれたのはいただけないな。ポポさんがモリゲの怠慢と指摘したそうだ。失点の原因を作るプレーは戒めなければならないが、支援者としては、出ずっぱりのモリゲには同情してしまう。これでけDFラインのフィジカルトラブルが多発している中で、本当に去年から頑張ってくれているから。8/8は気持ちよく勝って次に進みたいね。

|

« サイドが鍵 | Main | ファンタジーサッカー2012 第19節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55290585

Listed below are links to weblogs that reference サッカーの日常:

« サイドが鍵 | Main | ファンタジーサッカー2012 第19節 »