« ファンタジーサッカー2012 第17節 | Main | ロングフライト »

July 08, 2012

南橘北枳

FC東京3‐2G大阪

2点も取られたのは釈然としないし、先行してもどこか余裕のないチームにちょっとした苛立ちを感じたけれど、そのまま逃げ切れてよかった。勝つことで立場の違いを示せたことが最大の収穫だった。ムックンに代わってピッチに立った北斗は早速結果を出したし、ルーコンは気迫あるプレーで古巣に喝を入れた。あのトラップはオサレだったな。

今ちゃんの力量は分かっているからということなのか、スティールされやすいグラウンダーの楔はあまり使わず、ハイボールからの落としや裏を狙った攻めが中心。というより、ガンバのディフェンスの問題のほうが大きかった。中盤の寄せがゆるく、守備に回るとバイタルがルーズになっていた。ミドルが打てるなと思っていたところでルーコンの無回転シュートが決まったし、秀人やヤザーも意識的に打っていたのはよかった。ただ、いかんせん枠に飛ばない。藤ヶ谷相手であれば、あの雨も含めて枠に行けば何か起きたかもしれないのだ。そのへんが、つまり頭と体がついて行っていないというのがもどかしい。勝ったけれど反省すべきところはたくさんある。勝って兜、ということ。

ガンバに裏を2回も突かれてしまったのは、ちょっと悔しい。1点目は権ちゃんの判断ミス。コロコロを要求したG裏は分かっているんだが、ヤットも分かっていてまともに蹴った。権ちゃんの能力を認めているのだろう。2点目はラインが下がりすぎ。裏を取られる恐怖に打ち勝たないといけない。それにしても、なんで終盤あんなに電池切れを起こしてしまったのだろうか。前半それほど飛ばしていた印象はないのだが。攻撃には思い切りを見せた北斗も、相変わらず受けに回ると心もとない。これはムックンも同じだけれど、2人とももっと守備時のポジショニングに気を配って欲しいな。終盤押されていたとき、ヤザーがミドルにもならないシュートを打った場面があって、それは明らかに苦し紛れだろうと分かってしまうプレーだった。マイボールにして焦らして、バランスを崩して取りに来る敵のスキを作りながら時計を進め、トドメを刺す時間なのだ。それが分かっていない。自分たちのサッカーを見失っている。いつもは後半のチームだったけれど、今回は後半ができなかった。

さて、お金と名誉に釣られて移籍した人ですが、プレーぶりは見る影もなかった。サイドが変わった後半開始前にはG裏に弄られて、でもそれも仕方ない話。オイラも彼がボールを持つたびに、めいっぱいブーイングさせてもらった。失点は彼が入ったからということではないし、実際中盤の守備があまり機能していない方がよっぽど重要に思うわけで、あの守備ではいくら点を取っても勝てないだろう。補強すべきは前線などではなく、GKとボランチだと思うけどね。

まぁ、人のことはどうでもいい。折り返しで、五分五分と勝ち星先行では、後半にかける意気込みも違ってくる。5位という順位もまずまず。レギュラーが2人抜けるけれど、この夏はうまく乗り切ってくれることだろう。来週は行きますよ。待ってろ鳥栖!

|

« ファンタジーサッカー2012 第17節 | Main | ロングフライト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55147263

Listed below are links to weblogs that reference 南橘北枳 :

« ファンタジーサッカー2012 第17節 | Main | ロングフライト »