« 味処海鮮@長浜 | Main | みつぼし@市ヶ谷 »

July 16, 2012

牽強付会

鳥栖1-0FC東京

攻めと守りという役柄を割り振られ、その役を如何に全うできたかということにおいて、この結果はある意味正当なものだ。ボールをより長い時間持っている方が攻めているという考え方は本質を捉えていない。どれだけポゼッションを高めても、相手がゴール前でマイボールのプレーをする機会が0になることはありえない。そして、チャンスが多いほど得点が多いという考え方も当てはまらない。そういう確率論を超えたところにサッカーの勝負、正しくは勝敗があることを再認識させられるゲームになった。モリゲのFKはポストに嫌われ、鳥栖のFKの1本はトジンによってマウスの中に押し込まれた、その事象が大事だというのであれば、東京のディフェンスに改善の余地があるということしか言うことができない。あいもかわらず集中力とプレー選択の精度の問題なのだ。このゲームの総括を「勿体ない」と言うのは簡単な話で、それではすまされない問題が内在している。

徳の試合後のインタビューで、0-0で終わらせるべきゲームだったという発言があって、実際徳は攻め上がりに慎重な印象だった。いつも以上に右サイドが活性化せず、見せ場は北斗が担うことが多かった。中央をガチガチに固められたときの活路はミドルかサイドなのに、それぞれ狙いが徹底できず、またプレーも思い切りの良さがあまり見られなかった。前半最後に米が後ろから飛び込んだプレーをアーリアや秀人がもっともっと狙うべきなのに、秀人は最終ラインに入ってボールの差配を担当している時間が多く、アーリアもソータンも消え気味。3-3-3-1的なフォーメーションで選手の距離が広がってしまい、攻めのスピードが上がらない。千真はボールに寄りすぎのような気がするのだが、あれではフィニッシュの仕事ができないだろう。

鳥栖も遠かったけど、とにかくこのゲーム、ゴール以上にボックスが遠かったな。

【付記】予想された健太郎の奉公先は甲府だった。JFKの引きなんだろう。どんな役割を振られるのか、変な癖がついて帰ってくようなことがないといいのだが、それだけが心配。

|

« 味処海鮮@長浜 | Main | みつぼし@市ヶ谷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55206671

Listed below are links to weblogs that reference 牽強付会:

« 味処海鮮@長浜 | Main | みつぼし@市ヶ谷 »