« 意馬心猿 | Main | ファンタジーサッカー2012 第14節レビュー »

June 19, 2012

小ネタ参題

◆なでしこの強化試合
アメリカ女子代表4-1日本女子代表
宮間のダイレクトクロスと永里のヘッドは綺麗だった。でもそれだけだった。なんだか皆さん体が重そうに見えた。沢や大野、川澄に切れがない。両サイドがあんなに崩されてしまってはなんともならない。個の勝負に持っていかれてしまうと、やっぱりフィジカルでは太刀打ちできそうにないことは再確認できたと思う。まぁ、練習試合だから、本番で気合入れて勝てればいいんですけどね。サイドの守備が問題だなぁ。

◆ユーロ2012 グループリーグC組
クロアチア0-1スペイン
実は今朝後半10分ぐらいのところまでしか見れなかったのだが、後ろ髪惹かれる思いで会社に向かうと、人身事故で振り替え輸送だと。そんなことなら、最後まで見て出てくりゃ良かったよ。
スペインのアウェーユニはなんか爽やかで新鮮だったね。あまり見ない色合いだ。ちょっと欲しくなった。で、肝心のプレーで目に付いたことがいくつか。スペインは、まず捕られない。引っかかっても何とかこらえるから、その時間で周囲が守備への切り替え、リポジショニングができる。捕られたとしても、すぐさま捕り返しに掛かる。この攻守の切り替えの早さが、組織として浸透しているところが素晴らしい。次に、安易に後ろに戻さない。前へ進むことを前提としたルートを作っているし選んでパスをしている。特にバイタルの使い方が上手い。前線に張り付くのではなく、すすっと浮いたかたちで入っていって、パスを受けたらすぐ前を向く、この一連の動作がスムースかつ徹底している。サイドが余っていてもあえて中へ切り込んでいくのがスペイン流なのだが、あれだけポゼッションできれば、いかに堅いDFラインであっても、いつかは破れる気がしてくる。我が軍はどこまであの域に迫ることができるだろうか。

◆ナビスコ抽選会onTV
夜中ザッピングしていたら、スポルトでナビスコの組み合わせ抽選をやっているところに偶然出くわす。あぁ、そういややるんだったね。ACLが終わってしまって腑抜けてた。ガンバの小僧が6を9と読んでボケをかましていたけれど、演出的には盛り上がりに欠いていた。せっかくのアダッチーも、あれではただのあだ花だ。もったいない。アーリアが引いたくじで、東京はA組2位との対戦が決定。今のところ4チームに絞られているのだけれど、最終戦の結果次第でがらがら変わるので、どこになるかはさっぱり分からない。A組は上位チームのグループなので、どこが出てきてもいやらしい。厳しい戦いになるのは必至。勝ち上がれば東海ダービーの勝者と準決勝。

宏介骨折だと。それはそれで困りものだが、北斗に頑張ってもらうしかないな。

|

« 意馬心猿 | Main | ファンタジーサッカー2012 第14節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55001691

Listed below are links to weblogs that reference 小ネタ参題:

« 意馬心猿 | Main | ファンタジーサッカー2012 第14節レビュー »