« ファンタジーサッカー2012 第15節 | Main | ファンタジーサッカー2012 第15節レビュー »

June 24, 2012

一虚一実

FC東京2-0C大阪

今の東京のスタイル(守り方)が維持できているのは、権田というタレントを前提としているんだということを再確認したゲームだったように思う。すなわち、権田という戦術。今節磐田はGKの八田を負傷で途中交代させざるを得なくなり、代わりに出てきたのはJ初出場の竹重。敗因は明らかにGKだった。権田なら2本とも止めてたと思う。それほど、最後の砦の実力は「勝敗」に対して大きな影響を持っているのだ。後半、永井龍にラインブレイクされたときのプレーは圧巻。倒れながらなお、足をコントロールできる能力の高さには脱帽する他ない。昨日の20番は完璧だった。

その守護神を信じ、最後までラインを下げなかったのは偉かった。とはいえ、何度もラインブレイクされ決定機をつくられた。もう、これはポポサッカーの仕様なのだ。観る側もリスクを共有しろと言っている。昨日はたまたま桜組のシュートが決まらなかったから2-0で終わっただけの話なのだ。たまたま、清武もボギョンも柿谷もちょっと疲れていたせいかもしれない。

攻撃に関しては、相変わらず前半はもどかしい展開。特に陽平の調子が今一だった。トラップが決まらず、ボールをよく捕られた。それが、負傷交代でアーリアが前に出た結果先制点が生まれたのだから皮肉なものだ。ルーコンの2点目は見た目オフサイドだったのだけれど、右サイドに戻ってきたDFがいたんだね。裏をどうやって攻略するかを一つの見処にしていて、ヤザーとかアーリアとかも飛び出そうとしていたのは良かった。問題はそこにどうやってラストパスを供給するかなのだが、最後にソータンのワンタッチのパスが活きた。相手も元気な前半から、スピーディーに突破できるようになればもっと楽なのだがね。

このぐらいのことを前節の横浜相手にもできないと、優勝はもちろんのこと、来年のACLも厳しい。もっとディテールにこだわって欲しいと思うプレーがたくさんあった。まだまだ先は長いよ。今日できた、今日できなかったのレベルをいつ脱却できるだろうか。たとえできたとして、あのバルサですら、例えばモウリーニョのサッカーに屈することもあるのだ。美しいサッカーは必ずしも強いサッカーと同義ではない。そのことをちゃんと理解しておくことも大事なことだ。チャントにもあるように、自分を信じていれば勝利はついてくる、と信じること。そして目の前のチームに声援を送り続けることが大事なのだと。

|

« ファンタジーサッカー2012 第15節 | Main | ファンタジーサッカー2012 第15節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55042661

Listed below are links to weblogs that reference 一虚一実:

« ファンタジーサッカー2012 第15節 | Main | ファンタジーサッカー2012 第15節レビュー »