« ファンタジーサッカー2012 第15節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012 第16節 »

June 28, 2012

一点一画

FC東京0-1柏

今日はできなかった日ということ。あのFK一発で負けた気はしない、が勝てる気もしなかったのが本当のところ。前節陽平が負傷で退いてアーリアが一列上がったことで得点に結びついた感じもあったけれど、今日のアーリアは消え気味だった。やたらとヨネのスライディングが目立っていたように、中盤は柏の攻守の切り替えの早さに翻弄されていた。要所を押さえていたので大事には至らなかったが、攻撃の部分ではボランチから先のアイディアに欠けていた。まぁ、とにかくボールが収まらないし、裏へ出ようとしてもタイミングやパス精度の問題で上手く行かない。立ち上がりを除いては全体的に東京ペース(ただ、ボーっとしていただけかも)のゲームだったが、チャンスの数は相変わらず少なかった。意外だったのは両サイドでそれほどガンガンにやりあわなかったこと。特に柏の両サイドは自重気味で、東京のサイドの裏を徹底的に突いてくるようなこともなかった。レドミもあまり調子がよくなさそうだったし、見所の少ない凡戦だった。

怪我人続出のチーム事情からか、ポポさんもファウルにはナーバスになっていて、HTに引き上げてくる主審の村上さんにしきりとアピールしていたのが印象的だった。陽平は6週間だそうだ。オリンピックにかかってしまう。代表にヨネまで持っていかれると結構中盤はしんどいことになりそうだ。ヨネには悪いが、タイミングが悪すぎる。関塚さん、外してください。誰が出てきても一定レベルはキープできるようにならないとと思う一方で、河野に守備をきっちりやれといっても、あのフィジカルでは限界があるし、凸凹ができるのは致し方ない。幸野をロスタイムに無理繰り出したのも、今後のことを考えてなのかもしれない(戦術的にあまり意味はなかっただろう。アーリアの脚の事があったのであれば、もう少し前に入れているはずだし)。

ポゼッションしてスペースのないところでプレーする以上、大事なのはプレー個々のディテール、精密度だろう。アイディア以前に、そこがきっちりしていないので攻撃がノッキングを起こしている。思い込みパスは言語道断、パススピードや角度がちょっと合わなかったことで受け手のプレーが遅れる、制約を受ける。小さなズレが判断する時間を奪い、最終的にプレーが寸詰まってしまうのだ。強いパスをトラップで収めることができずにみすみす敵にボールを渡してしまう。サポートが遅くて囲まれてボールを失う。1対1での球際の弱さ。こういう局面一つ一つの基本的なことの積み上げが重要になってくるサッカーをやっている。カウンターで縦一本、ストライカーがズドンと決めてはい終わりではない。

2003年、レアルとやったときに、レアルが見せてくれた選手が流動的に沸いて出てくるような攻撃がひとつの理想。オイラのポゼッションサッカーへの憧れの原体験はそこにある。そんな、相手をちんちんにするような攻撃を夢見て、いまは長い目で見守る時期なのだ。JFKは自壊してしまったが、ポポさんはそんなことにはならないだろう。彼ら自身が来年のACLにこだわるのならば、その目標に向けてベストを尽くせばいい。勝負にこだわればいい(こだわっていれば、日産や昨日の国立のようなゲームにはならないはずなんだけどね)。でも、それはそれ、これはこれ。

|

« ファンタジーサッカー2012 第15節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012 第16節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/55071428

Listed below are links to weblogs that reference 一点一画:

« ファンタジーサッカー2012 第15節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012 第16節 »