« プレ決勝戦? | Main | オリンピックサッカー日本代表 »

June 13, 2012

シンプルイズベスト

オーストラリア代表1-1日本代表

ピッチとレフェリーは酷かったねぇ。あれで引き分けなら、アウェーでもあるし御の字ってとこでしょう。日本のホームでは絶好のピッチコンディションでチンチンにしてやればいいです。

東京がACLでブリスベンと戦ってこてんぱにしてやった時に、相手チームの監督が、Aリーグでポゼッションサッカーを志向して成功しつつあるみたいなことを言っていたけれど、やっぱりあの国はなんだかんだ言っても結局パワープレーなんですよ。それで何度も決定機を作れるんだから、主力が欠場していたせいもあるかもしれないけれど、その強みを押し出さないはずはない。実際前半は放り込まれて押し込まれているわけだし、日本は相当対応に苦慮していた。ただ、本選で欧州チームと当たればそんな戦法はまったく通用しなくなるから、戦い方を変えざるを得ないということでしょう。日本にとって見れば、フィジカルに勝る欧州勢と当たるときのシミュレーションとして、逆に最適な相手な訳ですけどね。何とかPK(といってもレフェリーの妄想、あるいはバランス感覚によるものだけれど)の1点に抑えられたのは成果といえるのではないでしょうか。とはいえCBの高さ対策にはいささか不安が残った。

攻撃面では荒れたピッチに手を焼いていた。得点シーンで見るべきところは、本田の最深部に侵入していったときの度胸と相手DFの股を抜いて出したラストパスの精度。守備のスペースの消すということは、同時にその狭い空間でいかに精密なパスなりシュートが判断よく放てるかということ。トップレベルの技術とはそういうもんです。我が軍もディテールにこだわって欲しいなぁ。

さて、3連戦で勝ち点7は上々。ただ、アウェーの難しさを考えると手放しというところまではまだまだ。長丁場だし、やっていくうちにメンバーも徐々に入れ替わったりしていくでしょう。4節のイラク戦では内田、今野、栗原の3人が出場停止。吉田の怪我は大事ではなかったので、現時点で考えれば、酒井、吉田、伊野波、長友の並びが順当だと思うけれど(オイラ個人は駒野のほうがいいと思うけどね。酒井はドイツ合流でいろいろあるだろうから)、下からの押し上げも欲しいところです。伊野波より高秀先生はどうですかね。

|

« プレ決勝戦? | Main | オリンピックサッカー日本代表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54951170

Listed below are links to weblogs that reference シンプルイズベスト:

« プレ決勝戦? | Main | オリンピックサッカー日本代表 »