« ファンタジーサッカー2012 第14節 | Main | 小ネタ参題 »

June 17, 2012

意馬心猿

横浜FM1‐0FC東京

シュート3本だったそうだ。そりゃサッカーにはならんはな。スコアは最小だけれども、中身は完敗といっていい。ポポさんがゲーム後のカンファレンスで語っていたように、スタンドで見ていても選手たちの気持ちがどこかへ行ってしまっているように感じた。後半のチームだから0‐0で我慢できればいけないこともないかという淡い望みも早い時間から打ち砕かれ、何点入れられるんだろうかビクビクしていた。よく1点で済んだよ。中断が変な方向へ出てしまったなぁ。

ひとつはアウェーを意識しすぎたのか、立ち上がりの横浜の攻勢をまともに受けてしまったこと。中盤でガチンコに戦うべきだったところ、ズルズルラインを下げてしまった。ラインが下がるからセカンドボールも取れない。オフサイドの取り損ないなどもあったし、いつ失点してもおかしくないほどディフェンスは崩されまくった。。兵働のシュートはトラップにやられた。あれは素晴らしい。マリオ・ゴメスみたいだったよ。

攻撃に転じても、両SBが高く張り出すのはいいが、フィニッシュにたどり着くまでに奪われてしまえば、空いたSBのスペースを使われるに決まっている。全てが後手後手。早い時間に両SBが交代の憂き目にあったが、彼らだけの責任ではないと思うし(宏介は代えられて当然だと思うが)、むしろ問題は真ん中のMF3人にあったと思う。SBを最後のクロスまで仕事をさせられていないのだから。縦のスルーパスも雨のピッチを計算して出してやるべきなのにとか、ディテールがルーズ。中盤の寄せが早く球際厳しくこられたときに、戻すだけで戦えない、打開するため縦への推進力を作り出せないのは致命的。縦の楔が狙われているのが分かっているのに、出してカットされて逆襲を食らう。ならば裏を狙って相手のバックラインを下げるべきなのに、その工夫すらない。カズマはトップで孤立。ヤザーはJ1のプレッシャーに消えてしまっている。みんな足元で欲しがって、スペースへの走り込み、無駄走りがほとんどない。河野がちょっとだけ可能性を見せてくれたけど、どうして負けているのに上がっていかないのだろうか。このゲームもまたボックスが遠かったな。

去年熊さんがしつこいぐらいに言っていたサッカーの本質をもう忘れてしまっている。楽して勝とうなんて甘いことを想ってやしないだろうか。代表に呼ばれたりして、勝手に上から目線になってやしないか。そんなチームならば、応援してやる価値もないと思うのだよ。技術論や戦術論以前に、昨日のゲームは気持ちの問題だと思った。次のホームでは、きっちり気持ちを見せてもらいたいね。

さて、鳥栖行きが正式に決定しました。今から楽しみです。

|

« ファンタジーサッカー2012 第14節 | Main | 小ネタ参題 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54988323

Listed below are links to weblogs that reference 意馬心猿:

« ファンタジーサッカー2012 第14節 | Main | 小ネタ参題 »