« ファンタジーサッカー2012 第13節 | Main | HEINZデミグラスソース »

May 27, 2012

発展途上

FC東京1‐1浦和

浦和のサッカーってあんな感じだったっけ、というのが率直な感想で、広島のスタイルとも違っていたし、東京対策の結果だったのだろうか。守りは5バック、攻めになると両翼がワイドに開いてその裏に縦を入れてくる。ほとんど中盤レスの展開に、すごく違和感を持った。トップへの縦パスは入らず、浦和の左サイドの梅崎一点突破という感じ。ただ、その攻めを許してしまったのが我が軍の構成。なぜポポさんはヒョンスに右を任せるのだろうか。確かにメンバーが不足しているとはいえ、明らかにミスマッチだし、当の本人も戸惑っていたのがこちらにも伝わってきてしまう(パスを奪われ浦和がカウンターに移ったとき、うなだれるようにタラタラ自陣に戻っていたのがすごくかわいそうだった)。ポジションを上げてはボールを奪われサイドを襲われる。CBに戻せないなら、久々サブに入った北斗の方がよほどサイドのことがわかっているはずだろうに。教育的な起用なのだろうか。とてもではないが、リーグ戦でやるようなレベルではなかったと思うのだが。そんなことで右翼が機能不全に陥り、今日も攻めの起点は左。ムックンはミスもあったが果敢に攻めに絡んだ。陽平のダイレクトシュートを引き出したり、惜しくもシュートは打てなかったがカウンターでゴール前へ走り込み、強引なシュートも打った。いい感じだね。ただ、もうちょっと守備頑張ろう。
高秀先生は、なんか人が変わったかのようだったね。中途半端なパスもなかったし、周りがよく見えている感じだった。代表様になって意識が変わったのかな。先発の千真は今日は不発。ルーコンのプレーが安定しなかった。ヤザーは途中出場だと今一個性が発揮されないかな。やっぱりキーはサイドだなぁ。

残り2分で先制され、これまでならあきらめの雰囲気が漂っていたけれど、なぜかスタジアムの空気は死んでいなかったように思う。それは、ここ数試合の彼らの頑張りを見てきたからだろう。そして、その期待に応えてみせるのも彼らの成長だ。CKからではあったけれど1点は1点。確かに決定機は浦和の方が多かった。権ちゃんのスーパーセーブにゴールの枠がなければあっさりやられていたかもしれない。今のあの浦和のサッカーに遅れをとっているのはちょっとシャクではあるけれど、それでもポポ東京のやり方を貫き通すことで、そう遠くない未来に浦和からリーグ戦での勝利をもぎ取ることができると思う。この引き分けは予告みたいなものと受け取っておこう。

|

« ファンタジーサッカー2012 第13節 | Main | HEINZデミグラスソース »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54809940

Listed below are links to weblogs that reference 発展途上:

« ファンタジーサッカー2012 第13節 | Main | HEINZデミグラスソース »