« ファンタジーサッカー2012 第12節 | Main | 脱ビール »

May 20, 2012

疾風怒濤

FC東京3‐2鳥栖

まぁ、こういうことなんですよ、やろうとしていることは。観る側にはそれなりの心理的負荷をかける代わりに、回収されると爆発的な歓喜にそれが転化される。回収されないとホーム3連敗のような状況になるということ。今日も失点はカウンターからで、もうこうなるとお約束。やや低めの位置で奪われても、相手は最初からそのつもりだからスピード感が違う。2点とも水沼のところからやられた。これは、むっ君が高い位置を取るのは仕様だから仕方がないことで、そのリスクヘッジが不足していただけのこと。実際、今日も蔚山戦同様ヒョンスをSBに置いたため、攻撃は片肺飛行だった。そんなに徳のCBがいいかねぇ。いや、結局後半徳をSBに戻したことで、左右両翼の攻めがフル回転になったわけで、最後の見せ場のためにとっておいたとは思わないのだが、まだヒョンスに対する信頼度は低いということなのかな(追記:ポポさんによれば押し込まれたときにズルズル下がる癖が抜けないらしい)。

後半に入ってすぐ、ポポさんは千真とナオの2枚替えに河野の投入と勝負に出る。その前がかりをあざ笑うかのように鳥栖のカウンターが再び発動。2点リードになって、鳥栖は明らかに守りきる気持ちが強くなった。セカンドボールの扱いやカウンターも雑になったし、前線からのプレスはいきなり弱まった。これが東京の怒涛の攻めを引き出した。千真がめでたくハットを達成したわけだけれど、ハーフコートの圧力を跳ね返すしたたかさが鳥栖にはなかったということでもある(同点にされてからは、前に出る力はほとんど残ってなかったね)。そして、押し切れた東京は、一段成長したということなのだろう。

そのポイントはどこにあるか。それは、ゴール前まで押し込んでしまえば、スペースはあまり関係なくなるということ。つまり、‘守備のスペースを消してしまう’ということ。1点目は押し込んだからこそ相手DFが一人残ってしまい、結果千真はオンサイドから裏に飛び出すことができた(後ろからのナオの浮き球パスを振り向きざまダイレクトで打てるセンスと技術は流石)。2点目も、最深部から徳が折り返すことでシュートのためのルートが開いた(太ももに当たった?3点目も鼻に当たった点だしw 今日見ていて千真が信吾にダブって見えたな。タイプは似てるかな?)。これは前半の左からむっ君がマイナスを出して陽平がポストにあてたシュートもそう。Gに向かって裏を狙うというよりは、サイドから最深部まで侵入することが一つの打開策になるような気がする。その意味で、両SBは相当高い位置をキープし続ける必要がある。だから、右は徳でないと難しい。左は太田にできるだろうか。任せられるなら、徳をCB、むっ君を右SBに置けばいい。

前半はどのチームもフレッシュだからラインを高く位置してくるし、それでも攻め方は変わらないから、見せ場はどうしても後半になるね。前半カウンターで失点しても、あわてず騒がず怒涛の攻めを待ちましょうか。それにしても今日の終盤のフォーメーション、守るという発想は全くなかったね。ある意味凄いことだよ。記念にシステムを残しておこう。

      渡邊

河野  ルーカス 石川

椋原 梶山 長谷川 徳永

   森重  高橋

      権田

2-4-3-1だったwww(同点にするまでは陽平が2列目にいて2-3-4-1みたいな感じ。スタンダードに考えれば4-3-3だけど)。それにしても河野、守備しねぇなぁ。あれではいずれ使われなくなるぞ。

|

« ファンタジーサッカー2012 第12節 | Main | 脱ビール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54759645

Listed below are links to weblogs that reference 疾風怒濤:

« ファンタジーサッカー2012 第12節 | Main | 脱ビール »