« ファンタジーサッカー2012 第8節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012第10節 »

May 03, 2012

旗幟鮮明

FC東京4-2ブリスベンロアー

撃ち合い上等の予想通りの展開ながら、ゲームの組立力と決定力の差で順当に勝利を収める。それにしても、愚直にベースラインからボールをつないできたブリスベンは実にグッドルーザーであったね。

中盤にあれだけスペースがあればボールが収まるし余裕をもって捌ける。右サイドからの崩しと千真の裏狙いから4点は上出来。ただ、リーグ戦だとあの2失点は致命的で、先制点は許すべきではなかった。実際、たとえば仙台戦のようにピッチの1/4程度のスペースに20人が収まってしまうようなコンパクトなサッカーだと、まだまだ東京は攻撃を組み立てることがままならない。ポポさん自身が言っているように、これまでの敗戦のほとんどが自滅、自らのミスに起因している。しかし、サッカーはミスのスポーツともいわれるとおり、ミスしないサッカーなどありえない。どこで折り合いをつけるのか。

まぁ、今日のゲームは興行としては申し分ないが(悪天候で多くの人に見てもらえなかったのは残念)、チームの進歩という意味ではあまり参考にならなかった一戦だった。そのなかで、特に目立ったのは言わずもがなむっくんですよ。守備時はちょっと後手を踏むところもあったけれど、やっぱり彼の魅力は、機を見てゴール前へ突っ込んでいくあの思い切りの良さ。宏介にはないでしょう。清水戦のチョンボも含めて、ここはしばらくむっくんに左サイドを任せてみませんかね、ポポさんよ。

さて、これでラウンド16に進出が決定した。下手すると日本勢で勝ち残れるのが東京と名古屋の2チームになってしまうかもしれないので、Jの威信を誇示するためにも責任は重大になってきそうだ。次を考えると一位抜けが必須。蔚山とは引き分け以上が求められる。是非このノルマを達成して、味スタor国立で5/30を迎えたい。

|

« ファンタジーサッカー2012 第8節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012第10節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54620655

Listed below are links to weblogs that reference 旗幟鮮明:

« ファンタジーサッカー2012 第8節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012第10節 »