« ファンタジーサッカー2012 第13節レビュー | Main | ユーロ2012 »

May 31, 2012

一炊之夢

広州恒大1-0FC東京

まぁ、しゃあなしだな。選手は良くやったよ。彼ら自身悔いが残る、悔しいと思ってくれるのならそれに越したことはない。あの舞台に再び戻るためには、リーグ戦で3位までに入るか天皇杯連覇を目指すほかないのだから。それが今季のモチベーションになる。

広州は基本的に助っ人のチームだが、やはりサラリーの額面どおり能力は半端なかった。徳がムリキにチンチンにされてたからな。徳が足つるの見たの初めてかも知れん。両翼の裏をあのトップスピードで狙われては流石に防ぐのは難しかった。オフサイドも諸刃の剣。ラストパスをマイナスと判定されてしまえばそれまで。秀人はCBは勝手が違って危ないところもあったけれど最後まで頑張った。ただ、彼がCBに回ったことで、ヨネとの質の差が出てしまったかなとも思う。

前半1-0も上々だと思った。そもそもこのチームは後半のチームだから。実際後半は東京が主導権を握り、広州がリトリートしてカウンターという構図が描かれたわけだが。論調ではシュートが枠に行かなかったことが課題のように言われているけれど、オイラはボックスの中に入っていけなかったことのほうが問題だと思った。終盤河野が左サイドからクロスを上げたり、ナオが右からファーに向けてループを上げたり、とにかくゴールに近いところへボールを運べば相当なチャンスが生まれるのだけれど、そこまでいくのに時間がかかりすぎた。相手の運動量が落ちる残り15分からブーストをかけるのに、ヤザーや河野(ほんと守備しねぇな、この小僧は)、林(どうした平山)ではいまいち力不足。ポポさんも、もう少し早く動いても良かった。チーム自体が伸びきってた。

後半の広州のカウンターの脅威に、最終ラインと権田は体を張って見事に対抗した。これは今後のリーグ戦への自信になる。惜しむらくはラストプレーでの権ちゃんのヘッドだ。決まっていたら神話になったろうなぁ。あそこにいたのがモリゲじゃなくて権ちゃんだったということが、結局このゲームの全てだったのかもしれない。残念だったけど、とにかくお疲れ様でした。みんな怪我がなくてよかったよ。

これでACLは日本勢全滅となった。これについて考えるべきはリーグであり協会である。アジアは秋春とか関係ないんだし、代表強化のためには自国リーグの強化がまず優先されてしかるべき。この結果は決して軽くないと思う。日程はもとより、リーグ全体の実力の底上げを考えないと、結局代表のアジアにおけるプレゼンスも落ち込んでいくことになるのではないだろうか。また、リーグの放映権をアジアに販売するっていっても、魅力ある世界的に強いクラブがいなければ、そんなもの見たくないだろう。そういった、マーチャンダイズの視点からも、今一度ACLの意義と戦略的活用を考える必要がある。

|

« ファンタジーサッカー2012 第13節レビュー | Main | ユーロ2012 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54841438

Listed below are links to weblogs that reference 一炊之夢:

« ファンタジーサッカー2012 第13節レビュー | Main | ユーロ2012 »