« HEINZデミグラスソース | Main | 一炊之夢 »

May 30, 2012

ファンタジーサッカー2012 第13節レビュー

このタイミングで矢島をチョイスしたのは良かったですね。ほんとに前のポイントは誰が決めるか次第。千真は浦和と相性が良かったらしいんですが、今回は不発に終わりました。彼が決めてくれていれば勝てたかも。いずれにしても前田と寿人は今季は調子よさそうで、今後もコンスタントに使っていけそうです。取るべき人が取れば、チームの成績も相応によくなるということですから、やはり上位チームのFWは常にチェックですよ。その意味で、今後の課題は赤嶺の使いどころでしょうか。

【Yahoo】
GK権田(東京)…6Fp
DF藤田義(磐田)…10Fp
DF近藤直(柏)…8Fp
DF増嶋(柏)…8Fp
DF椋原(東京)…4Fp
MF河井陽(清水)…13Fp
MF柴崎(鹿島)…3Fp
MFペク ソンドン(磐田)…15Fp
MF梶山(東京)…6Fp
FW矢島(川崎)…10Fp
FW前田遼(磐田)…22Fp
合計105Fp 通算1014Fp
4063位/65763(↑835)

【mini】
GK権田(東京)…5fp
DF近藤直(柏)…7fp
DF増嶋(柏)…8fp
DF椋原(東京)…4fp
DF酒井宏(柏)…8fp
MF梶山(東京)…3fp
MF金崎(名古屋)…2fp
MFレドミ(柏)…6fp
FW佐藤寿(広島)C…9fp
FW前田遼(磐田)…15fp
FW矢島(川崎)…10fp
合計86fp 通算347fp
チーム時価 +4370
73位/401 関東リーグ

さてさてさて。これでJ1もファンサカもしばらくお休み。中断期間でいろいろやらなきゃいけないチームがいくつかありますね。新潟は監督交代だし、大宮も切っちゃったね(後任はベルでニックが有力だそうだ)。西野神戸も、監督が代わったからといってすぐにいい結果が出るわけでもない。むしろ混乱する危険性がないこともない。各チーム不安を抱えながら後半戦に向かっていくわけです。どこが上手く修正してきますかねぇ(横浜FCは立ち直りましたね)。

東京が降格した年、得点力不足を解消するために中断期に大黒がやってきた(前俊も同じタイミングだったかな)。合流後数試合は点も入り上手く行きそうな感じだったのが、夏場の連戦を迎えて、怪我人だのコンディション不良だのがでて、スタメンが猫の目のように変わり始めたところからダッチロールに入っていった。今思うと、入ってすぐにチームの得点力をアップできるFWなんてそうそう見つかるものではないし、結局、シーズンインでの掛け違いの部分が大きいのではないだろうかと思いますよ。2010年、東京は大きな戦力補強をしなかった。JFKの3年目で熟成をテーマにすれば乗り切れるはずだった。でも、熟成せず分解してしまった。降格したのは熊さんへのスイッチのタイミングが遅すぎたという結果論なわけですが、かつての千葉のように素早く手当てすれば現在ボトムスであっても残留の可能性がないわけじゃない。ただ、現状勝ち点シングルは相当ハードルが高いという認識を持たないとだめだろうな。

脚は監督が代わっても大きく上向いている感じはしない。スポンサーであるパナソニックが大リストラを計画している中、戦力補強に費やせる資金もほとんど期待できないのではないかな。中断明けが正念場か。

代表戦のほうは、興味は高秀先生の一点なので、まぁ、適当に見ますよ。

その前に広州、広州。

|

« HEINZデミグラスソース | Main | 一炊之夢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54834013

Listed below are links to weblogs that reference ファンタジーサッカー2012 第13節レビュー:

« HEINZデミグラスソース | Main | 一炊之夢 »