« ファンタジーサッカー2012 第12節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012 第13節 »

May 24, 2012

2つの日本代表

奇しくも同日にダブルヘッダーだったわけだけれど、世代が違うとはいえ、これが同じ国のサッカーなのかと、なんとも奇妙な感覚に陥ってしまった。A代表にはホンダと香川がいて、U23には彼らに匹敵する人材がいないという以上の何かを感じざるを得ない。

日本代表2-0アゼルバイジャン代表
5/9付FIFAランキングではアゼルバイジャンは109位。しかも、闘将フォクツ率いるチームは若返りを図っている最中らしく、スパーリングマッチとしてはいささか物足りない。とはいえ、そんな相手に貫禄漂うプレーと結果を出して見せるのはさすが欧州組といったところか。やはり香川とホンダは別格。遠藤なんかいなくても、問題なくゲームを作っていける。特に香川は常に前、縦を意識しており、ワンタッチツータッチで放たれるパスの鋭さ、狙いには何度も唸らずにはいられなかった。それにあのシュートの正確性。プレーが完全にコントロールされていて、狙ってあそこに打てる余裕が憎過ぎる。彼のスピード、アイディア、そして技術は我が軍の攻撃陣にも見習って欲しいものだ。

さて、今回我が軍から4人も引っ張られたわけだけれど、結果高秀先生が見事代表デビューを飾った。本人は全然レベルに達していなかったというようなことを言っているのだが、ちょっとした粗相も含めて、いつもと同じことをやってる、できてるなという印象だった(松木さんが妙に誉めてたのが不気味だったが、相応の好印象を残したと好意的に解釈)。代表デビューで途中出場で、普段どおりにできるということが、それだけで十分すごいことだと思う。シュートも打ったし。憲剛のシュートもアシストしたし、細貝と上手くバランスも取っていた。スーペルな何かがあったわけではないけれど、組織の中で与えられた役割を泥臭くこなしていたと思う。バックアッパーとして定着しそうな雰囲気だ。最終予選おメンバーに選ばれてしまったしな。

思えば秀人をボランチにコンバートしたのはJFKだった。当時陽平が故障気味で、ボランチの人材が薄く、応急処置的な感じがしないでもなかったし、実際実戦に出てもボールは取られるはパスは取られるはで、こんなんでやっていけるんかいなと最初は思ったものだ(東京デビュー当時はボールが回ってこなくなったときもあったからねぇ)。それがいつしか代表様だからねぇ。本人の努力あってのことだが、JFKの見る目もまんざらでもないよ。

U-23日本代表 0-2 U-23トルコ代表
トルコは五輪出場しないが、OAを使い大会への意気込みを感じさせた。一方の日本は、香川、宮市、権田、酒井らをA代表に取られ、相変わらず中途半端な編成で挑むことになった。結果はこの双方の置かれた状況の差ともいえなくもないのだが、それにしても見ていてつまらなかったな。面白かったのは高徳ぐらいじゃないか。とにかくゲームを作れるプレイヤーがいないし、どうやって点を取るのかの戦略的なものも感じず、ただただ選手たちがボールを追いかけて蹴っているという印象しかないのだ。あまりのつまらなさに後半の頭ぐらいにはもう寝に入っていて、FKから先制されたような気がしたのを最後に記憶はなくなっていた。だから指宿を見ていないのだ、残念ながら。後から出てきた斎藤も結構良かったらしく、これまで召集できなかったプレーヤーを最初からどんどん使えばいいのにと(宇佐美は結局出なかったんだね)、相変わらずの関塚サッカーには失望感が募るばかりである。こうなると早急にA代表から漏れる選手をOAで固定し、組み込む作業に着手しないと間に合わなくなるね。特にCBは喫緊の課題だよ。田中さんや槙野、吉田、今野といろいろ名前が出ているけど、うちのモリゲもよろしくねっ。

|

« ファンタジーサッカー2012 第12節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012 第13節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54787375

Listed below are links to weblogs that reference 2つの日本代表:

« ファンタジーサッカー2012 第12節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012 第13節 »