« 今日のフードコート | Main | 鎧袖一触 »

April 15, 2012

逸失利益

FC東京1‐2鹿島

確かにホームで劇的なゲームを、とは書いたけれど、負けていいとは言ってないんだよね。雨降りでただでさえ客足が伸びないときに、こういう負け方は体も気持ちも冷え込むよ。ゲーム前のアーリアの挨拶も、敗戦で終わってしまうとまったくシャレにならない。同点になってから攻めにかかるのはいいけれど、クタクタのボランチではリスクヘッジができなかった。とにかく権田の負傷交代が全てを狂わした感じだった。興梠ゆるすまじ。

バックパス判定が両チームに出て、珍しいものを見せてもらった。普通は鹿島ターンの結果が妥当なんだけれど、リフレクトが2回続いたところでゴールの隙間が広がったのが幸いした。同点になって押しきれるかと思ったんだけれど、米が限界にきていて、秀人も動けなくなっていて、そこにジュニーニョを放り込まれたんでどうしようもなかった。ここがチーム力の限界点だと思うしかない。

とにかく、アーリアと陽平がいないと点が取れないということが最大の問題。ブロックを作られてしまうと、現状打開策が全くと言っていいほどない。後半半ばもすぎるとバイタルが空いてくるので、何となく可能性が見えるけれど、相手のスタミナが切れるまで待つしかないっていうのも何だかね、だな。宏介に代えてソータンを左SBに投入したのはアイディアだと思った。ただ、そのあとの洋平まで必要だったかどうか。むっくんを入れて、ソータンを前へ出すほうが合理的のように思えたのだが。

鹿島に初勝利を献上してしまったのはまったく癪な話で、実際鹿島も強かったころの面影はなく、リトリートしてカウンターと弱者のサッカー。しかも最後にジュニが出てくるなんて、昔のフロンタを見ているようだった。そんなところに負けたから余計に悔しいね。これで東京対策ははっきりしてしまった訳で、ホームはもっと難しくなりそう。逆に、敵が前へ出てくるアウェーのほうが勝つ可能性が高くなるのではなかろうか。いや、それではホームの集客には全く寄与しないのでだめなのだが。

それにしても権田が心配。

|

« 今日のフードコート | Main | 鎧袖一触 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54477140

Listed below are links to weblogs that reference 逸失利益:

« 今日のフードコート | Main | 鎧袖一触 »