« 逸失利益 | Main | ファンタジーサッカー2012 第6節レビュー »

April 17, 2012

鎧袖一触

FC東京3-0北京国安

米が心配。毎試合何か心配してるよな。

それはそうと、中途半端に出てくる相手には強い。2点目も3点目もハーフウェイ越えたあたりからのスルーパスが通ったものだ。これがJリーグになるとリトリートされてスペースを消されるので、こういった点はなかなか生まれないのが現状。今日は北京のゲームほど圧力も強くなかったから、多少危なっかしい場面も散見されたが、なんとか完封することもできた。これでグループリーグ勝ち抜けが見えてきたかな。

米の負傷で今日もスクランブル。ソータンが1列下がって獅子奮迅の活躍を見せた。時に軽いプレーも見せるけれど、相手を見透かしたプレーは見ていて小気味よい。よく走ったし。対して洋平は、確かに点は決めたけれど、決して褒められた内容ではなかった。運動量はまずまずとしても、相変わらず左足にこだわり、そのために自らプレーを窮屈にしている。あと、宏介だ。一回だけいい上がりをしていいクロスを供給し、千真のヘッドは惜しくも枠を外れたけれど、あの思い切りの良さがコンスタントに出てこない。しかも、守備でフッと気を抜いてやられることが多い。オイラ的には是非むっくんをなんだが。まぁ、とにかく今年の補強は実に的を射ていたね。特にアーリアがいなかったらボランチは今頃崩壊していた。逆説的ではあるけれど、ある意味ACL様様だ。

今日は自席を確保するのを忘れて買った席だった。行ってみるとほとんどハーフウェイに近い席で、忘れたのがよかったんだか悪かったんだか、普段とまたちょっと違う角度でピッチを見ることができた。で、後ろに座った夫婦ものが試合中ずっと声を出して応援(ときどきいちゃもん)していてちょっと煩わしかったのだけれど、そのおばさんのほうが「しっかりー」というのが口癖で、妙に甲高い気の抜けた声で叫ぶものだからおかしくて仕方なかった。なにをしっかりなんだろうか。あと、大竹のことを「タケー」と呼び、平山のことを「ひらちゃん」と呼んでいた。大竹ってタケって呼ばれてるのだろうか?

|

« 逸失利益 | Main | ファンタジーサッカー2012 第6節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54497544

Listed below are links to weblogs that reference 鎧袖一触:

« 逸失利益 | Main | ファンタジーサッカー2012 第6節レビュー »