« ファンタジーサッカー2012 第4節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012 第5節 »

April 05, 2012

中華品質

北京国安1-1FC東京(BS観戦)

いろいろとJでは起こりえないことがおきて、いい勉強になったね。授業を受けて、勝ち点のお土産も貰えたんだからよしとしよう。

とにかく国安の選手のチャージは荒いし、簡単に倒れる倒れる。PKは秀人が不用意だったとしか言いようがないけれど、Jでは倒れずにプレーすることが推奨されているから、あの程度の手の掛け方で豪快に倒れたのには秀人もビックリしたのではないだろうか。ルーカスと交錯して倒れた外国人選手がいたけど、足首になんか全然当たってなかったしね。あんなことやってたらプレークオリティは上がらない。中国サッカーがだめなのは、一事が万事そういうことなんだろうと思う。

それにしても、加賀は無理そうだね。やったのはハムストリングかな?ヒョンスがとりあえず無難に守ってくれたんで事なきを得たけれど(ドサクサでPKはとられたけど)、8日は頭からヒョンスかな。それとも徳をCBにして椋を入れるか。羽生さんも心配。両足のてこで膝を捻ったように見えた。名波が言ってたように筋肉をやってないといいんだけど。アーリアは、同点弾は見事だったけど、遅延プレーで無用の黄色をもらうし、もらった後に際どいチャージでファウルになるし、結構ヒヤヒヤものだった。ただ、こういった緊迫した空気の中で、アーリアは図太く逞しく見えるものだと改めて感心したし、頼もしく思ったね。

プレーは汚かったけれど、国安は結構東京を研究してきたと見えて、ボールに対する寄せが速く、東京の選手たちの出足の鈍さとあいまって、自由にプレーさせてもらえなかった。中途半端なバックパス、横パスは危険度が高いし、判断が遅かったり、球際で緩んだりと、見ていて結構イライラさせられた。ゲームの主導権は国安にあったと言わざるを得ない。ただ、決定機は作られたが流れの中で失点したわけではないし、数は少なかったけれど決定機も作れたし(特にコウスケのクロスにナオが飛びこんだのとか、スピード感があってよかったねぇ)、より慎重にかつアグレッシブにどうゲーム全体を支配するかを考えれば、自ずとホームの勝利は確実なものになると思う。ホームが2つ残っているのをアドバンテージにできるかどうかは、支援者の応援にもかかっている。次は徹底的にあくまでフェアに潰してやろう。(タダ券配るわけにもいかんのだろうが、なんとか平日の味スタを3万ぐらいで一杯にできないもんかねぇ。)

|

« ファンタジーサッカー2012 第4節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012 第5節 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54394756

Listed below are links to weblogs that reference 中華品質:

« ファンタジーサッカー2012 第4節レビュー | Main | ファンタジーサッカー2012 第5節 »