« ファンタジーサッカー2012 第8節 | Main | リ:フライト »

April 28, 2012

有名無実

FC東京0‐1清水

2人目が退場になったとき、難しいゲームになっちまったなぁと思った。そしてとおりの結果に終わったゲームに、軽い目眩を覚えた。一体このチームは何がやりたいんだろう。

前半は、双方稚拙な攻めでシュートにもまともにたどり着けない。ミスが多いし、パスもつながらない。この時点で、決定的なミスを犯したほうが負けるな、と直感する。そして、それはどちらかというと東京の方に強く臭った。特に秀人はここ数試合でも一番危なっかしい出来で、弱々しい横パスやバックパスは敵の餌食となった。ボランチのところは明らかに狙われていた。実際の失点も秀人絡みだった。いや、前半人数が足りていたところでは清水も中途半端に攻めてきていたし、相手が中盤低いところで致命的なミスをする可能性もあったのだ。しかし、その可能性を消し去ったのはあの4枚のカレー券。出せばいいというものでもないし、そんなことで喜んでいる奴らもどうかしている。1人目はまだしも、2人目が出てからは、清水は〝守ってカウンター〟が完全に明確になってしまった。期せずして清水は、今の東京が最も苦手とするゲーム運びをせざるを得なくなったわけだ。その意味において、西村さんは清水サポから感謝されることはあっても非難されるなんてありえないよ。

終盤、ショートパスを掻っ攫われたケースは前のゲームにもあった。今日は宏介と秀人の意思疎通から高原にプレゼントパスをしてしまったのがきっかけだった。前を閉ざされ苦し紛れのキープや後ろ方向のパスが悉く狙われているのが分かっているのだろうか。最終ラインを高く、バイタルをタイトに締められ縦パスが全くと言っていいほど入らない。梶山が入っても難しかった。サイドに展開しても、縦を切られる、中を固められる。お手上げとはこのこと。最後に平山が抜けたのぐらいだろうか。あれで決めていれば救世主だったが、相手のGKのセーブを褒めるべきだろうな。

いや、それ以上に数的不利に陥ってもなお攻撃のカードを切ってきたゴトビこそがこのゲームの真の勝利者だろう。敵ながらあっぱれ。それに引き換えうちの指揮官はベンチにも入れなかった。どこで観ていたのかは知らないが、この結末にポポさんは何を思うだろう。少なくとも、チームはうまくいっていないということは分かったはずだが。

社長自ら黒子になってドロンパ劇場を盛り上げた。前任者からはこれも考えられないことで、ご本人はもしかしたら出たがりさんなのかもしれないけれど、率先垂範、お客さんを楽しませることを自ら汗をかいてやられている姿には感動した。天気もやっと晴れたし、そんな社長に本当なら勝利をプレゼントすべきところ、これほど惨めなゲームを晒してしまうとは、なんとも情けない。リーグ戦ではしばらく味スタを離れるけれど、この次もこんなことをやっていたら、社長の涙ぐましい努力も水泡に帰するよ。もっともっと考えて、もっともっと走らないと、今やっているサッカーでは点は取れないかもね。

|

« ファンタジーサッカー2012 第8節 | Main | リ:フライト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54582061

Listed below are links to weblogs that reference 有名無実:

« ファンタジーサッカー2012 第8節 | Main | リ:フライト »