« 一意奮闘 | Main | ファンタジーサッカー2012 第2節レビュー »

March 20, 2012

急所弱所

FC東京2-2蔚山現代

勿体ない一戦。いや、実際今日の戦いはFC東京の弱点を曝け出した一戦でもあるわけで、いろいろ考えなければならない課題が出たゲームといえそうだ。

いとも簡単にラインブレイクしてくる蔚山も大したチーム。分かっていても、集中が切れてくると、なかなか止められないんだろうなぁ。管理人さんは権ちゃんの前への飛び出しが遅いと怒っていたけれど、それにも限度があると思うし、やっぱりボールの出どころの抑えの問題かなぁ。でも、梶山があれだけ走り回って最終ラインやボランチにプレスをかけていて、終盤点も決めて、それでもまだ足りないというのであれば、それはこのシステムの限界なんじゃなかろうか。ポポさんはベタ引きを良しとしないのだろうか。状況によっては許されることだと思うし、特にACLという戦いの場においては、クラブの真価と共に日本のプライドも示すという意味で、もう少し慎重な態度をとっても良かったと思うのだが。それにしても、勿体なかったなぁ。

米は最初は足にボールがついておらず、敵のプレッシャーに慌てているのが見て取れた。けれども、ゲームが進むに連れて感覚をつかんでアジャストしてくるところは大したものだと思った。あとはゲームスタミナを伸ばしていくだけだな。前への意識ももっと高まってくるでしょう。秀人はラフなコリアンサッカーにも動ぜず、逆にガツガツと仕掛けていったところがたくましい。ピッチを横断するサイドチェンジのロングパスを通してみせたり、スケールの大きなプレーも見せた。あとはミドルだけだな。

さて、このチーム、どんな相手でもある程度点が取れることはよくわかった。問題は失点の方だ。これは今ちゃんの穴という問題だけの話ではない。システム上の瑕疵と言ってもいい。これをどのように補うのか、なかなか頭が痛い。それに、バックラインの替えがきかない不安もある。この連戦で、徳永、加賀、森重、太田は出ずっぱり。サイドは椋が控えているのでまだいいとして、CBは何かあったらとたんにピンチだ。第1選択は徳をCBに、ムクをSBにだろうけれど、徳の負荷は高まるばかり。どこか早い段階でチャンなり、丸なりをテストしておかないとね。米をこういう形でピッチに送り出したポポさんだから、そんなことは百も承知だろうと思うけど。

優勝したいんであれば、失点は少なくしないとダメだ。いくらポゼッションを高めたって、ワンチャンスで裏に通されてしまえば、ポゼッションの意味は無きに等しい。ゲームの進め方で解決できるだろうか。しばらくはこのポイントでチームを見ていきたいです。

|

« 一意奮闘 | Main | ファンタジーサッカー2012 第2節レビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54269778

Listed below are links to weblogs that reference 急所弱所:

« 一意奮闘 | Main | ファンタジーサッカー2012 第2節レビュー »