« ファンタジーサッカー2012 第1節 | Main | シーズン終了 »

March 11, 2012

葦末之巣

大宮0-1FC東京(TV録画観戦)

意思の疎通が完全には出来ておらず、パスミスからいくつものピンチを作り出してしまう。大宮の方がより多くの決定機を迎えながらスコアは0‐1。しかも、東京の決勝点は、ここしかないというぐらいピンポイントの、しかもルーカスの技術が活かされた最高のシュートによって生み出された。負けていてもおかしくなかったけれど、結局勝っている不思議なゲームだった。

テレビ画面では東京の最終ラインの裏は映っていなかったけれど、あれだけオフサイドで引っかかっていたからには、ラインコントロールは相当タイトロープだったに違いない。中盤で悪い形で失うと即ピンチは心臓によくない。そこはCBの強さと速さに期待するしかないのだろうけど(加賀もまだ慣れてない)、もっと狡猾なチームだったら、ラインブレイクは容易かもしれない(次節、永井や玉田なんかは要注意だよ)。とにかく攻めきるしかないのだね。今日は権ちゃんデーであったよ。

後半、陽平がトップ下に上がったことで攻撃が活性化した。ポポさんの眼目の確かさを示す采配だった。JFKも熊さんも2列目では陽平を使いこなせなかっただけに、ついにうちの10番はポポさんによって覚醒の時を迎えるのだろうか。ポポさんは、この他にどんな引き出しを持っているのか、この先楽しみでしょうがない。

全体的にまだミスが多くヒヤヒヤものではあるけれど、チームがやろうとしていることははっきり理解できるし、あとは精度を高めていくだけなんだろう。これだけのリスクを負うのだから、しばらくは勝ったり負けたりなんじゃないかな。それを念頭に、週末味スタに向いたいと思います。

|

« ファンタジーサッカー2012 第1節 | Main | シーズン終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54199252

Listed below are links to weblogs that reference 葦末之巣:

« ファンタジーサッカー2012 第1節 | Main | シーズン終了 »