« ファンタジーサッカー2012 第2節 | Main | 急所弱所 »

March 18, 2012

一意奮闘

FC東京3ー2名古屋

玉田に見事にラインブレイクされたときは、やっぱり実力のあるところにはまだまだ厳しいなと思ったんだけれど、実際ルーカスへの縦のラインを分断されて、前半は全く攻めにならなかった。ところが、後半同点に追いつくと、とたんに名古屋の運動量が落ちて、中盤にスペースができ始めると、いきなり東京のペースに変わってしまうからわからないものだ。

前半全く冴えなかった長谷川は、おそらくHTにポポさんに相当どやされたんだろうな。面目躍如の得点だった。ナオは2点目。楢崎の股の下を抜くなんて、何て素晴らしいゴールだろうか。そして、そのゴールをお膳立てした梶山の見透かしたようなスルーパス。中途半端なパスを出しては取られを繰り返しても、最後の最後にあれが出せるところが10番なんだな。ゲームを決める仕事をこれからももっとして欲しいよ。

今日はルーカスがほとんど目立たなかった。それでも勝てる、そういうサッカーを東京はやっている。その心臓部は梶山、長谷川、そして中盤の猟犬と化した高橋秀人だ。今の秀人のプレーぶりは、うちに移ってきた当時の今ちゃんを思い起こさせる。とにかく寄せが早くてボールを奪うことしか頭にないといった感じ。スペースを埋めボールをつなぎ、敵ボールをサイドに挟みに右に左に動き回る。秀人もついに覚醒したな。今日の影のMVPをあげよう。

そして、おかえり米!シャーやるのに泣くんじゃないよ。まだ、何にもやってないんだから。今の秀人からスタメン奪うのは至難の技だと思う。頑張れよ。あと、G裏の再三の呼び出しにも応えなかった平山もおかえり。いよいよ戦力は充実してきたね。20日の蔚山もこの調子で撃破しよう。

|

« ファンタジーサッカー2012 第2節 | Main | 急所弱所 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/54246595

Listed below are links to weblogs that reference 一意奮闘:

« ファンタジーサッカー2012 第2節 | Main | 急所弱所 »