« 本日快晴也 | Main | これは買わずばなるまい »

February 06, 2012

これが本当に年代最強チーム(除く国外組)なのか

U-23シリア代表2-1U-23日本代表

日本はこんな志の低い糞サッカーをやってていいのか。別にアジアを侮るわけではないし、ボコボコのピッチにあわせたセーフティなゲーム運びというのも分からないではないけれど、昨日のチームからは組織というものが感じられなかったし、戦術的にも乏しかった(特にサイドがまったく機能してなかった)。選手個々も、確かに清武が離脱したのは大きかったが、彼一人でサッカーをやるわけではないし、名前を固定してしまって、本当にコンディションのいい選手たちにチャンスが与えられないのだとすれば、それはまさしく監督の問題なのだ。そう、関塚さんではもうだめだということ。マレーシア、バーレーン相手に大量得点できるサッカーを今から仕込んでできるとも思えない。ここは腰を据えて、プレーオフまで行くことを念頭に再構築したほうがいいんでねぇか。試練が多いほうがチームとしても成長するだろう。少なくともこのままの状態で予選を抜けても本選ではボロボロになるのは見えている。3月のプレーオフに主力を抜かれる数チームはたまったもんじゃないだろうけど、日本サッカーの未来を考えればそのほうがいい。そういや西野さんが空いてんじゃんか。協会の英断を期待するところだ。

さて、権ちゃんだけど、2点とも防げたよね。油断があった。1点目は結構ショックで、取りに行って後ろにそらすなんて見たことない。大迫が触ったとか、ピッチでイレギュラーしたとかは言い訳にしかならない。2点目も、あの位置から打ってくるとは思わなかったんではないか。ポジションが取れてさえいれば上に弾き飛ばせたボールだ。確かに想像以上にボールが落ちてきたというのはあるけど、そこをセーブしてこそ代表GKだろう。とにかく日々精進するしかないよな。頑張れ権田。

【追記】シリアの内政状態がさらに悪化してきているらしい。内乱に発展する可能性もあるとか。そうなると、IOCもオリンピックへの出場停止などの措置をとるかもしれない。対日本戦勝利が民衆を力づけ、反体制勢力を増長させた結果、自国の代表が不利益をこうむることになったら、それはとても悲しいことだ。国情厳しい環境におかれながら、シリア代表は戦っていたと思うと、日本代表はなんとも甘ったれたサッカーをしていたね。

【追追記】シリア代表は現体制下で選ばれたということで、反体制派にとっては唾棄すべき存在だということ。反体制派のシリア人たちは日本を応援していたらしい。今回の勝利は現体制を勢いづける結果になったのか。

|

« 本日快晴也 | Main | これは買わずばなるまい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/53915770

Listed below are links to weblogs that reference これが本当に年代最強チーム(除く国外組)なのか:

« 本日快晴也 | Main | これは買わずばなるまい »