« January 2012 | Main | March 2012 »

February 2012

February 28, 2012

A DIFFERENT KIND OF TRUTH

A_different_kind_of_truthA DIFFERENT KIND OF TRUTH/VAN HALEN

UICS-9131

出たと聞いたので、条件反射的にアマゾンにアクセスして間髪入れずに購入してしまった。ヴォーカルにはデイヴィッド・リー・ロスが復帰し、ベースは彼とそりの合わないアンソニーに代わってエディの息子であるヴォルフガング・ヴァン・ヘイレン(ライナーノートには〝ウルフギャング〟と紹介されている)が務めている。ヴァン・ヘイレンとしては14年ぶり、デイブがヴォーカルとしては実に28年ぶりとなる。(「You and your blus」他3曲入DVD付き)

Continue reading "A DIFFERENT KIND OF TRUTH"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2012

うずうず

年チケセット入手。今年のおまけはタオルマフラーとキーホルダー。これが届くと、いよいよって感じです。
今週末塩沢荘の部屋が確保できなかったらどうしようかと思ってはいますが、スーパーカップはTV録画で観戦予定。3/6のACL(ブリスベン戦)は、BS朝日でライブ放送があるので、KO時間には間に合わないけど、これもおっかけ録画再生で観戦予定。
開幕アウェーの前売りは予想通り瞬殺だったみたいで、バックスタンドの青赤エリアが敵陣まで伸びる可能性もあるとか。BS1で中継があるので、オイラはそれで十分です。何でこの日付でナイターになったのかはさっぱり分からんのですが、現場に行かれる方はお風邪を召しませぬように。現場は味スタまでお預けであります。

さて、先日のキリンチャレンジ。ナオはちょっとばかし空回ってましたね。憲剛の酷なスルーにも賢明に走りこんで、ちょっと見てて悲しくなってしまった。ウズベク戦の代表にもやっぱり漏れたし。なんかこんなことでナオの選手としての素晴らしさが全国に伝わらなかったのではないかと思うとちょっぴり悔しいですよ。
チームのほうは順調に練習試合などもこなしながら、スーパーカップに向けて準備を続けているようですが、先日の湘南戦の3本目あたりが想定スタメンということなんでしょうかね。長谷川が結構存在感出してたり、河野が意外と評価高かったり、ソータンが左SBやってたり、なかなか面白いことになりそうでわくわくしますな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2012

季節の変わり目

季節の変わり目
週中の雨で凍ったバーンの上に、目一杯重たい雪が積もり、まるで罰ゲームのような温かった土曜日。一転、気温はぐっと下がり、小雪ながら締まった雪で全く別のゲレンデに変わってしまった日曜日。3月を前に、気候はくるくる変わりますね。気温が低ければまだいける。シーズン終了を来週にするか再来週にするかで迷っております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2012

メンタルの問題

U23マレーシア代表0-4U23日本代表

シリアがこけたために自力で勝ち抜くチャンスが再び巡ってきた。ただ、最終戦ホームというところがちょっと気にかかる。ホームでのマレーシア戦は、シュートを打てども入らず2-0の結果が、敵地に乗り込んで4-0の圧勝。これはプレッシャーの係り具合も関係しているのではないだろうかと思った。ゲーム後のインタビューで、選手みんなが気持ちの部分を強調していたけれど、結局彼ら自身がどれだけ五輪に行きたいかということが全てのような気がする。関塚さんどうこうの問題じゃない(これで本選も関塚さんで行くことはほぼ決まってしまったからねぇ)。ゲーム運びやプレーのディティールにおいては相変わらず拙いところがたくさんあるのだけれど(見てて下手だなぁと思うシーンがいくつあったことか)、それ以上にメンタルのコンディショニングが重要なんじゃなかろうか。おそらく3/14の霞ヶ丘は満員だろう。その期待の中で、どれだけ冷静に、かつ粘り強くあきらめない気持ちを持ち続けられるか。監督が変わらず、選ばれる選手も変わらず、乏しい戦術も変わらないままであれば、そここそがポイントだと思う。

それにしても、左SBにむっ君を呼ばないのはなんでなんだろう(いや左専門でいいJリーガーは他にもたくさんいますがね)。昨日のプレーを見ても、確かに利き脚は違うが、よほどうちの子のほうがいい仕事すると思うんだけどなぁ。まぁ、プロになって同じ土俵に上って差が歴然になれば、自然とそういう流れになっていくのではないかな、と密かに期待しているのだよ。そのためにも、宏介に負けるなよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2012

寒波のピーク

寒波のピーク

今週も寒かったですねぇ。風邪気味の身には堪えます。土曜は大雪、晴れの予報だった日曜日も降ったり曇ったりで、お昼ぐらいになってやっと明るくなってきたくらい。気温が低いのでコンディションは最高ですが、こう寒いとリフトに乗る気も起きない(土曜の午前は強風でゴンドラも止まっちゃうし)。県連の人たちもオプタで長い休憩を入れていたみたいですよ。

今回は自分の板で滑りましたが、やっぱりしっかり乗らないと回ってくれません。快適に飛ばせたのはピステの入った日曜朝一のチャンピオン2本ぐらい。あとは、体が流れないように意識しながら黙々と滑りました。ちゃんと踏み込めば、クインと返ってくれるので、その辺は気持ちいいんですが、ちょっと油断しているとすぐ走り出すので気が抜けません。

日曜上がるタイミングでずいぶん日差しが強くなってくると、結構な勢いで雪が解けていきます。今週は雨をはさむみたいですし、だんだん春に近づいてきてますね。冬のトレーニング期間ももう終盤を迎えます。一応ゼロックスと開幕アウェーはパスしますので、今シーズンは最長3月の第2週までということになりますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2012

週末の岩鞍

週間の岩鞍
土曜日はアマノ家と一緒でした。曇りの予報が外れ晴天、かつ気温も低かったためコンディションは上々。白根がはっきり見えたのは久しぶりかもしれない。日帰りのアマノ家を見送った後、4時半まで黙々と滑りました。

日曜は一転大雪で、未明から降り始めた雪は下で15cmほど積もり、ゲレンデは雪上車が入らなかったので全面不整地。板を走らせつつコントロールするので普段の3倍は疲れました。今回はフクちゃんが置いていった古いサロモン・DEMO9を使わせてもらったのですが、これが軽くてブカブカの新雪には意外と扱いやすかった。プログレッサーのようにしっかり踏み込まなくても、乗せてやるだけで素直に回ってくれるので、ボコボコの雪面に合わせるのも楽でした。乗っていると自然に小回りになってくるし、それでいてあまり疲れなくていい。板自体はペッラペラで頼りないのですがね。コンディションによって使い分けできるのはありがたいです。正直、あのブカブカ雪でプログレッサーだったら、さらに3倍の疲労度だったのではないでしょうか。ただ、逆にピシッとピステのはいったバーンを高速で駆るならやっぱりプログレッサーです。DEMO9でスピード出すのはちょっと怖い。

土曜の夜、イシイ組がまたロッカー談義をしてましたねぇ。来年はロッカーかなぁ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 09, 2012

これは買わずばなるまい

レプリカは一切購入してこなかったオイラですが、こればっかりは手に入れたい。もちろんオーセンティックで。グループリーグのアウェーは絶対無理だが、ホームの3戦は万難排して行きますよ。待ってろ、アジア。

それにしても家長、よりにもよって蔚山とは。出てくるだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2012

これが本当に年代最強チーム(除く国外組)なのか

U-23シリア代表2-1U-23日本代表

日本はこんな志の低い糞サッカーをやってていいのか。別にアジアを侮るわけではないし、ボコボコのピッチにあわせたセーフティなゲーム運びというのも分からないではないけれど、昨日のチームからは組織というものが感じられなかったし、戦術的にも乏しかった(特にサイドがまったく機能してなかった)。選手個々も、確かに清武が離脱したのは大きかったが、彼一人でサッカーをやるわけではないし、名前を固定してしまって、本当にコンディションのいい選手たちにチャンスが与えられないのだとすれば、それはまさしく監督の問題なのだ。そう、関塚さんではもうだめだということ。マレーシア、バーレーン相手に大量得点できるサッカーを今から仕込んでできるとも思えない。ここは腰を据えて、プレーオフまで行くことを念頭に再構築したほうがいいんでねぇか。試練が多いほうがチームとしても成長するだろう。少なくともこのままの状態で予選を抜けても本選ではボロボロになるのは見えている。3月のプレーオフに主力を抜かれる数チームはたまったもんじゃないだろうけど、日本サッカーの未来を考えればそのほうがいい。そういや西野さんが空いてんじゃんか。協会の英断を期待するところだ。

さて、権ちゃんだけど、2点とも防げたよね。油断があった。1点目は結構ショックで、取りに行って後ろにそらすなんて見たことない。大迫が触ったとか、ピッチでイレギュラーしたとかは言い訳にしかならない。2点目も、あの位置から打ってくるとは思わなかったんではないか。ポジションが取れてさえいれば上に弾き飛ばせたボールだ。確かに想像以上にボールが落ちてきたというのはあるけど、そこをセーブしてこそ代表GKだろう。とにかく日々精進するしかないよな。頑張れ権田。

【追記】シリアの内政状態がさらに悪化してきているらしい。内乱に発展する可能性もあるとか。そうなると、IOCもオリンピックへの出場停止などの措置をとるかもしれない。対日本戦勝利が民衆を力づけ、反体制勢力を増長させた結果、自国の代表が不利益をこうむることになったら、それはとても悲しいことだ。国情厳しい環境におかれながら、シリア代表は戦っていたと思うと、日本代表はなんとも甘ったれたサッカーをしていたね。

【追追記】シリア代表は現体制下で選ばれたということで、反体制派にとっては唾棄すべき存在だということ。反体制派のシリア人たちは日本を応援していたらしい。今回の勝利は現体制を勢いづける結果になったのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2012

本日快晴也

本日快晴也

予報では昨日のはずだった晴天が1日ずれました。チャンピオンにピステが入らず結構荒れていて、一方ななかまどが思いの外状態が良く、第5も穏やかだったので、今日ななかまどを集中的に滑りました。

滑走日数はすでに13日を数えますが、ここにきてやっと脹脛に張りを感じられるぐらいになってきましたし、太ももも最初は全くと言っていいほど筋肉痛がなかったのが、ちょっとばかりだるさが復活してきています。とにかく、頭以外はなんでもなく、動けなかった分筋力が落ちてしまっているので、動かせばなんとか戻ってきそうです、筋肉。シーズンアップまであと4週、がんばんべ。

ただ、最近はどんだけ動いても、あまり食えなくなりましたね。昨日は昼休みを早めにとったので、なんとかアキコさんの晩飯は完食できましたが、今日の昼のうめでんのカツカレーはさすがにきつかった。イシイ組のように、昼抜き1時上がりはありかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »