« December 2011 | Main | February 2012 »

January 2012

January 31, 2012

外天楼

Photo外天楼/石黒正数

講談社 ISBN978-4-06-376159-7

2012年マンガ大賞ノミネート作品。メフィスト(講談社)で連載していたのでまったくのノーマーク。文芸誌まではさすがに追えない。石黒氏の構成力の素晴らしさに、エントリーも納得。ただ、扱うテーマがテーマだけに、「大賞」という趣にはちょっとばかしそぐわないかもしれない。(ネタばれ)

Continue reading "外天楼"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2012

東京OB続報

東京OB動向
星大輔(町田)→引退
尾亦弘友(C大阪)→福岡
池上礼一(岐阜)→引退(FC岐阜U-18コーチ)
松尾直人(湘南)→未定
小澤竜己(秋田)→未定
阿部吉朗(湘南)→磐田

松尾が家庭の事情のために札幌移籍を断った(形は契約解除)。サッカーを続けることはできるんだろうか。ガミさんは、現役続行を目指して再就職先を探していたようだけれど、結局岐阜のユースコーチに就任することになった。コザはまだ決まっていない模様。

あと、伊野波はどうなってるんだろうか。給料未払いで契約解除だとか、いやいや単なる脱走だとか、よく分からない状況。彼の踏み台ステップアップキャリアもとんだところで味噌がついたものだ。プロとしてはひとつのあり方だと思うけれど、選手としては愛せないなぁ。一瞬東京も獲得を検討しているような報道もされたけれど、ポポが言うようにファンにクラブを愛して欲しいのであれば、それにふさわしい人材を揃え、行いを示す必要があると思う。才能があれば誰でもいいということではないと思うよ(東京の‘基盤’に照らし合わせると、‘義理人情’に引っかかるよなw)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2012

新体制発表会

ご本人が〝ポポ〟と呼んでくださいと言っているので、今後はポポで行きたいと思います。

記者からの質問がポポに集中したように、やはり今季はポポが東京でどんなサッカーを見せてくれるのかが最大の関心事だということ。そして、この会でも攻撃的に魅力的にということは終始一貫しており、ベクトルにブレはないです。つまり基本は昨季の町田が見せていたサッカーをJ1で再演するということでしょう。選手のクオリティは上がっており、内容はより高度になるはず。それがJ1という舞台でどれほど通用するものなのか、とても楽しみです。

他方、阿久根社長から2015年ビジョンが発表されました。こちらも目新しいことはあまりなかった。せいぜいドロンパを核に、東京ブランドを高めつつ、面白いことをやっていきたいと。ファン感については明言しましたね。これは、待ちに待っていたという感じです。例年は2月にやりたいと言っていたので、自分が参加できるのは今年だけになりそうですが、ファン、サポーターを拡大するには絶対やるべきだと思っていたので、これも良かったですね。とにかく、前任社長よりもはるかにファンのことを考えているように、今のところは見えます。実行して結果に結び付けられることを願うばかりですし、応援する側としても、今年は思いついたら投書箱に意見をもっと入れていきたいですね。

最後に、背番号についてちょっと。太田の6は、本人はどんな感じなんだろうか。聞いてみたい。アーリアの8も意外な感じ。仲間内ではフジを尊敬するむっくんにつけさせたいねと話していたのだが、どういう経緯で決まったんだろう。カズマの11はそういうことだ。丸の16も意外といえば意外。大卒ルーキーで10番台は期待の大きさを表している。秀人も最初は36だったから。河野は緑時代は7。だから17?(追記:やはり本人は「7」にこだわりがあるそうだ)。あと、新加入ではないけど、本当はルーカスに9をつけて欲しかったなぁ。まぁ、セザーの手前できないんだろうけど。

さぁ、これで編成もすんで、いよいよ開幕に向けてスタート。コアなサッカー期待してますよっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2012

MI:4

正月休みは頭も空っぽにして見れる映画がやっぱりいいねぇ。ほんと、何も考えないで、それでも十分楽しめたんだから、ある意味たいした映画だ。いや、突っ込みどころなんか満載で、逆にまじめに見てたらとてもじゃないが持たないのが本当のところだが、エンタテイメントと割り切って=楽しむことだけを目的としてみればとてもよくできた作品である。(ちょっとネタばれ)

Continue reading "MI:4"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2012

行く人来る人2012④

電光石火の早業。これでとりあえず打ち止めでしょうか。外国人枠も1つ(チャンの契約形態はどうなっているんでしょうかね。それによっては2枠になるのか知らん)残して、緊急補強も可能です。陽平がデュッセルドルフの練習に参加するようですが(テストではないといってますが何もないとも思えない)、どうせなら、このタイミングで出て行ったほうがいろいろすっきりするんじゃないかな。ただ、相手の問題もあるし、そう簡単ではないと思うけどね。サンスポがフライング気味に今ちゃん決定情報を出してましたし、まぁ、これでやっと2012年がスタートしそうです。

Continue reading "行く人来る人2012④"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2012

行く人来る人2012③

フロントが注文通りの補強をみせているのだが、ここで河野の名前が出てくるとは思わなかったわ。怪我がちで出たり出なかったりが続いているみたいだけれども、左サイドのプレーヤーとしてはありだと思うよ。大竹にもいい刺激になるし。さらに、ランコの希望で清水の太田に再アタックをかけるという。強化部は頑張ってるねぇ。
ところでガンバの新体制発表が1/19なんだわ。そこまでには、はっきりするんだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2012

行く人来る人2012②

話があってまだ正式に発表になっていないのは、今ちゃんだけとなりました(あとコーチの篠田さんはいるけど)。それにしても、天皇杯から10日以上も経って発表がないなんて、何をもめているんですかね。大本営にはこれで補強は完成とか書いてあったけれど、サイドのプレーヤーがもう一枚二枚欲しい。巧も再び横浜FCに奉公に出てしまうので(臭いとしてはワンウェイくさいが、頑張って戻って来いよ)、SBはホントどうするんでしょうか。

11-12 FC東京ら情報(2012年1月12日現在)
◎公式発表 ○発表待ち
【IN】
◎監督ポポヴィッチ(町田)
○コーチ篠田善之(福岡)
◎FW渡邉千(横浜FM)
◎DF加賀(磐田)
◎DFチャン・ヒョンス(張賢秀)(韓国・延世大)
◎DF丸山(明大)
◎FW林(中大)
◎MF橋本(FC東京U-18)
◎MF幸野(大分)復帰
◎FW重松(福岡)復帰
◎MF大竹(C大阪)復帰
◎MF長谷川(横浜FM)
【OUT】
◎コーチ長澤(退任)
◎DF柳楽→鳥取
◎MF松下→仙台(レンタル→完全)
○DF今野→G大阪
◎DFノース→札幌
◎FW高松→大分(レンタル終了)
◎FW鈴木達→徳島
◎FW坂田→福岡
◎MF永里→甲府(レンタル終了)
◎DF平出→富山(レンタル延長)
◎MF森村→北九州(レンタル→完全)
◎MF上里→札幌(レンタル終了→徳島レンタル)
◎DF阿部巧→横浜FC(レンタル)

【東京OB】
星大輔(町田)→引退
尾亦弘友(C大阪)→福岡
池上礼一(岐阜)→未定
松尾直人(湘南)→札幌
小澤竜己(秋田)→未定
阿部吉朗(湘南)→磐田

松尾は息の長い選手になったねぇ。おまちゃんも働き口が見つかって良かった良かった。あと、いつのまにやらアベラオが磐田にw。さすらうねぇ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2012

行く人来る人2012

バタバタと発表されております。出て行く人、戻ってくる人、そのままの人といろいろですが、これらの動きでいくつか気にかかる点をさらってみます。
【DF編】
今ちゃんの出奔は確定したとして、モリゲのパートナーは誰になるのか。指揮官がCBに対して、どのような能力を求めるのかにもよりますが、実績からいえば加賀が一番手でしょう。ただ、足元が上手いという印象はない。吉本も出されるみたいで、見渡すと実戦経験がある選手が怪我明け(治ったんかいな)の平松ぐらいしかいない。平松もどこまでやれるかわからないし、昨季の快進撃を支えた堅守と攻撃の基点を両立する人材は確保できているのか不明です。ACLのことを考えると、ノースのようなシュアでタフなプレーヤーは必要だったのではないかと思うのですが。いまいち不安が募る。さらに、SBのバックアップはさらに脆弱で、北斗と巧では本当に心もとない。徳かむっくんいずれかがトラブったら相当な戦力ダウンになるし、ポポヴィッチが攻撃的サッカーを指向するなら、間違いなくSBは肝のポジションのはず。そもそもSBはリーグ全体で見ても人材が不足気味のポジションなので難しいとは思うけれど、どう考えているのでしょうか。まさか3バックって事はないだろうなぁ。でも、このままだとすると、3-4-3もあるかもしれない。
【MF編】
洋平に幸野が戻り、長谷川が入り源気がアウト。コータは北Qに完全だ。まぁ、はまっているから彼にとっても良かったんじゃないかな。松下も戻ってこないらしい。
ボランチは米が復活するだろうし、下田や上里、長谷川もできることはできる。しかし、陽平の今やっている仕事をそのまま受け継ぐことは難しいと思う。陽平の能力はキープして時間とスペースを作ること。そして、そのスペースを活用するボールの散らしができること。この能力なしに今の東京の攻撃は語れない。もし本当に陽平がリーグ途中で離脱するならば、脱梶山がひとつ今季最大の命題になるだろうと思われ、それはおそらく梶山が抜ける抜けないを別にして、キャンプからの攻撃における課題にもなるのではないだろうか。
トップ下は洋平も長谷川もルーコンもいるから問題ないが、サイドのMF、あるいはウインガータイプの選手が乏しいのが気にかかるところ。もともとサイドに張れるのはナオぐらいとはいえ、田坂や鈴達を放出するとなると、テクとスピードでサイドの勝負ができるプレーヤーが欲しい。これは4-2-3-1(4-4-2)だろうと3-4-3であろうと共通していえることだと思う。
【FW編】
千真の獲得、平山の復活(?)、健太郎の原隊復帰と、昨年よりは遥かに層が厚くなったので、あとは各人の決定力アップを願うだけ。健太郎はルーコン同様MF的な使われ方もするだろうな。
何にしても、まだ各ポジション2名以上の体制はできていないと思う。特に前後サイドのプレーヤーが薄い。このまま行くのか、それともまだ名前が出てくるのか。東欧コネクションの話も立ち消えっていうことはないだろう。何かありそうな気はする。

ついでに梶山のことにも触れておこう。本当にこの夏に海外に行けるかどうかは、前半の戦いぶりにかかっている。天皇杯決勝のようなプレーでは、とてもじゃないがお呼びはかからないだろう(マニアとしては行って欲しいし、A代表にも選ばれて欲しいのだが)。彼の弱点は持てるがゆえの判断スピードの遅さと、縦へのチャレンジパスの精度の低さだ。決定機演出力が足りない。これは昨季のアシスト王がヤザーだったことでも分かる。チームのタメとパスリズムを作るうえでは不可欠な才能だが、攻撃やボール奪取能力はそれほど優れているわけでもない。これまでの東京は陽平に対する依存度が高く、彼の出来がチームの勝敗に影響を及ぼすことが多かった。監督も変わるし、どこまで脱梶山ができるか、陽平に対してはそれこそ海外に行っても通用するような一段上の超梶山に脱皮できるか、今季のベクトルは同じなのだ。

Continue reading "行く人来る人2012"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2012

ふたりサッカー

Photoふたりサッカー/倉敷保雄+あらゐけいいち
白泉社 ISBN978-4-592-14720-6

地元の書店ではコミックスのコーナーに積んであった。表紙があらゐけいいちのイラストなんで、倉敷さんとのコラボでサッカー四コマでも出したのかと思って、つい手にとってしまった(しかも1、2の2冊とも)。中を確認してみてビックリ。これは倉敷さんのコラム本ではないですか。まぁ、最初は挿絵だったあらゐのイラストも、途中から4コマに変わったから、あながち間違いではないのだけれど、これをコミックスのコーナーに積んでおく書店の目論見があざといと思った。あらゐけいいちで釣ったほうが売れるんではないかという。でも、オイラと同じように間違って手にとってしまった人がいたとして、その人がサッカーとは何の関係もないのだけれど、この本を読んでちょっとでもサッカーに興味を持ってくれるとしたら、それは本屋GJ!なわけですよ。いや、その前にあらゐがどんだけのもんかということはあるな。

Continue reading "ふたりサッカー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2012

亜洲進出

あけましておめでとうございます

FC東京4-2京都

やっぱり京都は厄介な相手だった。ショートパスと裏狙いの相手にちょっとばかし慌てて先制を許したものの、そのあとはピッチをワイドに使い、特に前半はナオのサイドをゴリゴリやって優勢に持ち込んでいく。得点は一昨年まったく足りなかったセットプレーからというのも集大成的。特にモリゲは何気に凄いよね。前半終了のぽかーんていう追加点はラッキーだったけれど、ルーコンの2点はセザーだったら入らなかった2点だろう(2点目のタイミングの外し方なんて絶妙だもの)。後半はリトリートしてカウンター狙い。トドメの4点目はむっくんの成長の証が嬉しかった。あのタイミングなんだよな。DFつま先をかすめるコントロールが見事。

サッカーの本質では京都に負けてなかったし、ゲーム運びは明らかに京都の上を行っていた。若さと技術だけでは勝てないことを証明してみせた。特に輝いていたルーコンやナオはオーバー30。経験がこういった重要な戦いではモノを言うということだ。2011年、J2を戦ってきた結果が確かにここにあった。このタイトルは2011年大熊東京の完成型なのだ(ナオのシュートが決まっていれば完璧だったね。あとオイラ的には陽平が今日はブラックバージョンだったのが残念)。熊さん、ありがとう。そしてこれからもよろしく。

久しぶりにG裏で立ちっぱだったから、今日一日ずっと寝てた(んでこんな時間になってしまいました)。元日決戦は貴重な体験だったけど、これを毎年やられると、それはそれで結構しんどいなと思った。外苑前で打ち上げして店を出たあとなんて、なんか年末のような気分だったもの。今年も1年終わったなぁって。いや、もう年明けてますから。負けたチームは1年年明けない感じになりそうだ。それこそ開幕が年明け。1年の計は元旦に有りとは言うけれど、どちらかというと終りよければすべてよし、ということなんだよね。このおかげで、今年の正月のスケジュールはバラバラだぁ。

さて、これで今年はいきなりアジアということになった。初戦は3/6ブリスベーン。行きたいですけど、アウェーは無理だろうなぁ。それ以上に、チームは補強を急がないと。で、やっとポポヴィッチの就任が発表になったから、1/28に向けて動きが表面化するでしょう。ワクワクしますな。

今年1年、嬉しいことからスタートしたので、いい年にしたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2012

必勝祈願

必勝祈願
いざ出陣@大國魂神社。自分のことはさておき、チームの勝利を願って。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »