« ミハイロ・ペトロヴィッチ | Main | くるり@高田馬場 »

November 12, 2011

計日程功

FC東京2-0水戸

数字上の昇格確定は次節以降になりますが、実質的な昇格が決まりました。まずは一安心です。今日鳥栖が引き分けたことで(勝ち点差が6)、次節勝利すると実質優勝も決まります。まぁ、いろいろ心配事はありましたが、下馬評通りで辿り着けて良かったですね。G裏のダンマクも恥にならずに済んで良かった。振り返るにはまだ早いかもしれませんが、やっぱりルーコンの復帰が大きかった。今季最大のフロントGJでしょう。

さて、ゲームの方は2CB不在で守備が不安視されましたが、代役の徳とノースがそつなくこなしたというところ。ただ、いつものようなバックラインからのビルドアップというわけにはいかず、水戸の最前線のプレッシャーにノースは腰が引けていたね。権ちゃんに頼りすぎ。でも、モリゲと今ちゃんがおかしいのであって、DFとしてみれば普通に遜色ないレベルだと思う。2人の不在を埋める形で、秀人がバックラインまで下がって配給役をこなしていた。先制するはキャプテンマーク巻くはの大活躍でした。秀人をボランチで使い始めたのはJFKだったけれど、今年1年秀人が一番成長したと思う。去年はあれだけオロオロしてたのにねぇ。ゲームに出ることによって成長する見本のようだ。

で、我慢して使い続けるもう一人は今日も結果を出した。とにかくあの時間帯にトップに据えておけば勝手に仕事するのだ。下手に持たせるよりもいい。ポストでは使えないし、サイドのMFは守備をしないといけないから、どうしたって使えるのは今はあそこ(しかもあの時間帯)しかないでしょう。後半、ナオだけが唯一サポートしていて、それはそれでちょっと気の毒に思うけど。75分過ぎぐらいに裏に抜けだして枠を外したグラウンダーのシュートを放った時、G前に誰も詰めていなかった。ナオが遅れて入ってきたけど、もっと早ければ無人のゴールに流し込むだけだった。なんとなく、これでいいのかねぇ、と思ったのさ。

テレビ中継の方では、熊さん続投がさも既定路線のように語られていたし、来季に思いをはせるのもいいんだけれど、これでいいのかって一度立ち止まって振り返って、そして先の方を見て考えないのかね。もしかしたら行けないかもしれないけれど、まぁ、16日の神戸戦で何か見えるかもしれないね。

|

« ミハイロ・ペトロヴィッチ | Main | くるり@高田馬場 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77466/53229745

Listed below are links to weblogs that reference 計日程功:

« ミハイロ・ペトロヴィッチ | Main | くるり@高田馬場 »